ネクソン公式ブログ

ネクソンが運営する公式ブログです!会社やゲームに関する情報に加え、社内イベントやネクソン社員の情報など、いろんな角度から情報を発信しています!

NDC17が閉幕!3日間のイベントをまとめてレポート!

4/25~4/27の日程で開催された、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスNexon Developers Conference 17 (NDC17)がついに閉幕 (ノд・。) グスン

 

あっっっという間の3日間!

開催中の様子を、駆け足でご紹介ε=ε=ε=ε=ε=(o゚ー゚)oブーン!!

f:id:corporateblog:20170428090844j:plain

会場となった、ネクソンコリアがあるパンギョは、ソウル中心街から電車で約30分。会場付近にはNDCのバナーや、ネクソンゲームのラッピングバスまで♪

(ちなみに・・・ラッピングバスにある「Arena Masters(アリーナマスターズ)」、本日から!日本でも事前登録開始です!!!!!)

Arena Masters(アリーナマスターズ) | 公式サイト

f:id:corporateblog:20170428090905j:plain

NDC17には、3日間の開催期間中、ネクソン社員はもちろん、他ゲーム会社や将来ゲーム開発者を目指す学生などが参加し、会場は連日賑わっていました~。

f:id:corporateblog:20170428113158j:plain

ネクソンの代表取締役社長、オーウェン・マホニーによるウェルカムスピーチを皮切りに、ゲームに関するノウハウや知識を共有するためのセッションが121開催。

f:id:corporateblog:20170428112711j:plain

ウェルカムスピーチでは、NDCの目的を「開発者に力を与えること」とし、NDCを通じてアイディアの共有とサポートができればと挨拶。

また、最高のゲームはまだ創られていない、ということを忘れないでください。最高のゲームを創り上げるのが、ここににいる皆さんであることを強く願っています!」と熱い思いを語りました!

 

アート、ゲーム開発、マーケティング、キャリア等多岐にわたるテーマで開催された本会議。セッションが終わると同時に次のセッションに駆け出す来場者も!

同時間に行われるセッションは、友達や同僚と手分けして、レポートしあっていたとか!メモ! (φ(。_。;)φ))。_。;)φ))。_。;)φ))φ))シュタタタタタ!

f:id:corporateblog:20170428114607j:plain

f:id:corporateblog:20170428114647j:plain

なかでも注目が集まったのは、モバイルゲーム『野生の地:Durango』開発総括ディレクターである、ネクソンコリアのイ・ウンソクによる基調講演「第4次産業革命時代におけるゲーム開発」や、Blizzard Entertainmentのテクニカルアーティスト イ・ハクソン氏による講演『オーバーウォッチ』のヒーロー制作過程及びテクニカルアート

開場前から長蛇の列!450席強ある一番大きな会場がいっぱいになり、立ち見も出るほどの大盛況!特に学生さんの憧れの人を前にしたきらきらした目が印象的でしたー(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥

f:id:corporateblog:20170428201930j:plain

さらに、日本からも登壇者が!

コーエーテクモゲームスの越後谷和広氏(左)、クリプトン・フューチャー・メディアの熊谷友介氏(右)。

f:id:corporateblog:20170428100644j:plain

『三國志』が30年以上愛される秘訣や、初音ミク誕生に至るまでの苦労等に、会場では真剣にメモを取ったり、笑いが起きたりと、様々な反応がありました。QAセッションでも質問がとぎれず、終了後には即席サイン会も♪

国を超えたゲームやキャラクターの人気がみられました~!

2016年12月に日本でも配信がスタートした『HIT』についても、開発会社NAT Gamesから、グローバル展開の事後検証レポートが報告されました!

f:id:corporateblog:20170428195208j:plain

『HIT』内の人気キャラクターも発表され、ルーカスヒューゴ1位2位に!好みのキャラクターに意外と地域性が出ていないというのは、驚きでした!

 

セッションのほかにも、人気のアート展

NEXON ART EXIBITIONが同時開催。

壁一面のインパクト大!な作品から、メイプルきのこをあしらったかわいらしいネイルチップまで、盛りだくさん!

f:id:corporateblog:20170428195938j:plain

f:id:corporateblog:20170428195951j:plain

アート作品をまとめたアートブックは、開催中毎日150冊無料配布されていましたが、オープンとともに5分でなくなる人気ぶり!!!

NDC17で展示された他のアート作品についてこちらもご覧ください♪

corporateblog.company.nexon.co.jp

セッションの合間の休み時間を使って行われた、ネクソン社員により結成されたバンドや合唱団による「ゲーム音楽カバー演奏」にも多くの人が♫꒰・◡・๑꒱

詳細はぜひこちらの記事をご覧ください!

corporateblog.company.nexon.co.jp

このほか、最新技術を体験するコーナーでは、昨年に引き続きVRゾーンが大人気♪こちらも長い列が出来上がっていました~(・∀・)チゴイネ!

f:id:corporateblog:20170428200645j:plain

 盛りだくさんのNDC17!!!

このNDCの運営を支えるのは、ネクソン社員だけではありません!

毎年ゲーム開発に興味のある学生を中心に30~40名のボランティアの方々が「サポーターズ」として活躍しています。

f:id:corporateblog:20170428200553j:plain

音楽パフォーマンスの運営手伝いをしていたサポーターズのジョンさん(左)とジャンさん(右)。ゲーム会社の文化を体験したいと、高い倍率を勝ち抜いて!?初めて参加。

「毎日が刺激的で、ますますゲーム会社への思いがつのりました!来年も参加したいです~」熱く話してくれました♪

f:id:corporateblog:20170428203746j:plain

大盛況のうちに幕を閉じたNDC17

NDC事務局長のクォン・ドヨンからは、日本の開発者の皆さまへ、来年のNDCでの登壇ラブコールもありました~

来年は日本からのゲストも増えるかも!?

NDC18はどんなイベントになるのでしょう。今から楽しみです!

バイバ~~~~~~~~~~~~~イヾ(´・ω・`)ノ"NDC17!!!!! 

NDC17:音楽でつながるネクソンゲーム愛♪ 社員が音楽パフォーマンスを披露!

4/25から3日間の日程で開催されている、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスNexon Developers Conference 17 (NDC17)

 

NDC開催期間中の昼休みには、ネクソンコリア社屋の前に作られた野外ステージで、ネクソン社員等によるゲーム音楽のパフォーマンスを開催!☆ヒューヒュー♪ヾ(^ε^ゝ)“☆

f:id:corporateblog:20170427153417j:plain

春のぽかぽか陽気の1日をイメージして”Blooming Day”と題されたコンサートでは、ジャズやコーラス、バンド等、「音楽好き」の域を超えるレベルの高い演奏が!セッションの合間に見に来た方々がたくさん集まり、掛け声や拍手で大盛り上がりでした♪

f:id:corporateblog:20170427154110j:plain

f:id:corporateblog:20170427201309j:plain

f:id:corporateblog:20170427202053j:plain

さらに、ネクソンの音楽レーベルNECORD Musicからは、『メイプルストーリー』のコンテンツ「フレンズストーリー」や学園RPG『アルピエル』のOST、『CLOSERS』『Elsword』を元にしたアニメ音楽のほか、ファン作曲による『アラド戦記』の楽曲も披露され、ゲーム愛に満ちた時間となりましたー!(☆Д☆)キラリーン♪

f:id:corporateblog:20170427161118j:plain

f:id:corporateblog:20170427204007j:plain

画像で伝えるのは限界・・・と言うことで!

パフォーマンスの様子をすこ~しだけ動画でご紹介!ฅ(=✧ω✧=)ฅニャニャーン✧

 

◆バンド動画(学園RPG『アルピエル』)

https://www.facebook.com/nxjofficial/

◆コーラス動画(ゲーム音楽部分を逃す痛恨のミス・・・汗)

https://www.facebook.com/nxjofficial/  

 

ちなみに・・・セッションの合間の会場では、『Tree of Savior』等のOSTが流れ、待ち時間もゲームの世界観をお届けしていましたよ~♪

 

盛りだくさんのNDC17!!!

3日間の日程もあっという間に終了です。

次の投稿ではNDC17のまとめ記事をご紹介しますー

|´▽`)ノ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

#ndckr

NDC17:ネクソンゲームをアートで表現!未発表のイラストも!!!

4/25から3日間の日程で開催されている、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスNexon Developers Conference 17 (NDC17)

 

ゲームに関するノウハウや知識を共有するためのセッションを行う会場では、今年で7年目を迎える人気のアート展「NEXON ART EXIBITION」も同時開催されています♪

f:id:corporateblog:20170426150532j:plain

f:id:corporateblog:20170426151841j:plain

アート展では、ネクソンのゲームに関わる作品が展示されており、イラストやフィギュア、刺繍やネイルアートまで、その表現方法はさまざま。未発表のイラストやコンセプトアートもあり、見所満載です! 

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!! 

f:id:corporateblog:20170426151905j:plain

f:id:corporateblog:20170426152449j:plain

来場者は作品に近寄って細部まで見つめたり、自分のお気に入りのキャラクターを見つけて写真を撮ったりと、思い思いに楽しんでいます

f:id:corporateblog:20170426152200j:plain

 ほかにも作品がたくさん!いつまで見ていてもあきない!ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

f:id:corporateblog:20170426153151p:plain

さらに!

今年もアート展の作品をまとめた大人気のアートブックを販売。

毎年先着順で無料配布していますが、今年は初日の150冊が5分(!)でなくなる人気ぶり!
希望者からの強いリクエストにより、昨年より部数を増やし販売も開始していて、収益は全て、子供支援のために寄付されています~。

今年のアートブックも盛りだくさんの内容で、ほくほくです♪

f:id:corporateblog:20170426174932j:plain

 セッションのプレゼンテーションを聞いた後は、アートでひとやすみ…と、

盛りだくさんのNDC17!!!

次の投稿では音楽パフォーマンスをご紹介します!

お楽しみに~~~♪

#ndckr

 

FBでもご報告中!

www.facebook.com

NDC16のアート作品はこちらをチェック!

https://ndc.nexon.com/replay/artProjectList

 

Nexon Developers Conference 17 (NDC17)が本日開幕!

「Nexon Developers Conference 17 (NDC17)」が本日開幕しました!!!^(ノ゚ー゚)ノパチパチヾ(゚ー゚ヾ)^

 

ネクソンコリアが主催するNDC17は、韓国最大規模ゲーム開発者向けカンファレンスです。

 

代表取締役社長のオーウェン・マホニーによるウェルカムスピーチとともに開幕し、初日から大勢の参加者で盛り上がっています!

f:id:corporateblog:20170425182332j:plain

開催期間中(4月25日~27日)、ノウハウや知識を共有するためのセッションが計121開催されるほか、人気のアート展「NEXON ART EXIBITION」、ネクソン社員により結成されたバンドや合唱団による「ゲーム音楽カバー演奏」など、見どころ満載♪

f:id:corporateblog:20170425183022j:plain

会場となるネクソンコリア周辺には、いたるところにNDCのバナーが!

f:id:corporateblog:20170425183134j:plain

ウェルカムスピーチに続いて行われた、ネクソンコリアのモバイルゲーム『野生の地:Durango』開発総括ディレクタ ー イ・ウンソクによる基調講演。「第4次産業革命時代におけるゲーム開発」をテーマにしたセッションは、立ち見(!!!)も出るほどの大盛況!

 

セッションの続報、アート展やゲーム音楽カバー演奏など、現地の様子について、随時こちらのネクソン公式ブログとFacebook公式アカウントよりお伝えしますので、ぜひご覧ください!

 

www.facebook.com

驚きのコスプレクオリティは必見!『マビノギ』のオフイベに潜入!!!

ぽかぽか陽気ですっかり

皆さまいかがお過ごしですか?

 

このたび、PCオンラインMMORPG『マビノギ』が12年目を迎えました!

12周年を記念して行われたオフラインイベント「MABINOGI PARTY-12th ANNIVERSARY」に潜入してきました~~~!その時の様子を少しご紹介♪

f:id:corporateblog:20170411161930j:plain

f:id:corporateblog:20170411163023j:plain

 イベント当日は、マビノギのプレイヤーの皆さま420をご招待!

開場前からずらっと行列が・・・わくわく。

f:id:corporateblog:20170411162014j:plain

イベント会場外のロビーには、残念ながら今回応募には外れてしまったプレイヤーの皆さまも楽しめる展示やリアルガチャコーナー等をご用意!過去最多来場者数を記録しました!

f:id:corporateblog:20170411162217j:plain

コスプレしている来場者もたくさん!

f:id:corporateblog:20170411163514j:plain

f:id:corporateblog:20170411163821j:plain

プロフィールカードや缶バッジの交換をしたり、お互いに写真をとりあったり・・・と、プレイヤー同士の交流もたくさん見られましたよ。

 

さらに!交流スペースに設置されたホワイトボードには、思い思いのイラストがぎっしり。

マビノギへのが感じられます

f:id:corporateblog:20170411164136p:plain

 大人気のリアルガチャコーナーにはプレイヤーが殺到し、約4,700個のガチャが完売!!!

当たったものを見せ合って和気あいあいなムードでした。

f:id:corporateblog:20170411164444p:plain

 そしてイベント本番。

なんと!な、なんと!!!

スペシャルゲストとして、TM NETWORK木根尚登さんがサプライズ登場!!!

木根さんがアレンジしたマビノギテーマ曲のギター生演奏からスタートしたイベントのテンションは、

もちろん、一気にヒートアップ!

豪華です。会場中がうっとりです。OoウットリOo(・´з`・)ゞ

f:id:corporateblog:20170411164542j:plain

 ファン待望の、★アップデート速報★も大盛り上がり!

「メメント(MEMENTO)」と題されたアップデートでは、新しいキャラクター「エン」を中心に物語が展開。新ダンジョン「シードフィナハ」で「エン」の失われた記憶と感情を取り戻すことが大きな目的となります。

メメントは今春実装予定!詳しくは公式ウェブサイトで随時ご案内していきます♪

f:id:corporateblog:20170411164841j:plain

続いて行われた「マビノギ開発陣に質問!!」のコーナーでは、

「今年はタイアップはやらないの?」や「みんなでワイワイ遊べるダンジョンが欲しいです」など、

ファンからの熱いリクエストがたっぷり♪

担当者からの「交渉・検討を進めているので、期待してお待ちください!」との前向きコメントに、会場も盛り上がりました。

 

そしてなんといっても!!!

毎年恒例、大人気の「マビノギ★コスプレコンテスト」も開催♪

 

「コスプレというよりもコスプロ。もはやコスチュームのプロフェッショナル!」というコメントも飛び出すほどの、見ごたえたっぷりなコスプレ姿ばかり!

アピールタイムではダンス姿も見られて、会場全体が熱くなりました。

f:id:corporateblog:20170411165330j:plain

f:id:corporateblog:20170411165615p:plain

来場者投票で本選に残った13人から選ばれたのは、

イラのコスプレの雪山ななこさん

鈍器の精霊のコスプレのエリーヴァさん

エリーヴァさんはコンテストのために、筋トレして体重を7kgも落として参加したとか!すごい気合です!

優勝されたお二人、おめでとうございます

f:id:corporateblog:20170411170303j:plain

来場者全員参加の「サーバー対抗クイズ大会」では、

BGMあてクイズやキャラクター特徴あてクイズなどの簡単なものから、

「スペシャルゲスト木根さんが好みのNPCキャラクターはどれか」という、難問!?まで。

笑い声や「残念~」という声がいたるところから聞こえ、今年も大盛況でした!

f:id:corporateblog:20170411170532j:plain

イベント終了後も、ロビーではプレイヤーの皆さんでわいわい♪

有志の方々による二次会のお知らせがあるなど、

活発な交流があちらこちらで見られ、長く続くゲームだからこそ!のを感じました♪

f:id:corporateblog:20170411170708p:plain

今後も、プレイヤーの皆さまに長期にわたってお楽しみいただけるよう、さまざまなアップデートやイベントを行っていきます!!!

 

引き続きブログでは、このようなイベントに、潜入していきます!

ぜひご期待ください~~~♪

第15回定時株主総会が開催されました!

だんだんと暖かくなって、桜もちらほら・・・

今週末から東京では見ごろのようで、お花見が楽しみな時期になりました♪

 

3/28(火)に、ネクソンの第15回定時株主総会が開催されました!

当日の会場の様子をすこ~しのぞき見!

 

会場までエスカレーターであがると、

正面にどーんとNEXONの文字が印刷された受付が!

今回は「白」を基調に明るいトーンで統一されました。

f:id:corporateblog:20170330161659j:plain

 

受付付近では、ネクソンの主力PCオンラインゲームの

『アラド戦記』『メイプルストーリー』のパネルも

株主の皆様をお出迎え♪

f:id:corporateblog:20170330123439j:plain

どちらのゲームも10年以上サービスが続いており、

いまだにネクソンの主力ゲームとして事業を引っ張ってくれています!!!

 

そして会場入口付近には、ネクソンのゲームを紹介するコーナーが!

ゲーム6タイトルを迫力の動画でお伝えしたブースのほか、

その奥には新作や日本でも配信を開始している人気タイトルのパネルがずらり

ご来場の株主の皆様にもじっくりとみていただきました♪

f:id:corporateblog:20170330123542j:plain

もちろんちゃっかりニュースレター「NEXT ON」もアピールしましたよ。

f:id:corporateblog:20170330124214j:plain

 

会場内も「白」をテーマにシンプルな装飾♪

株主総会ではゲーム動画やネクソンの取り組みを紹介する動画を放映しました!

f:id:corporateblog:20170330123844j:plain

なお、当日の事業報告については、

ネクソンのIRウェブサイトで4月中に動画を公開予定です。

ぜひこちらもご覧ください!

 

そしてお土産もずらり★

f:id:corporateblog:20170330130038j:plain f:id:corporateblog:20170330130100j:plain

今年はネクソンをより身近に感じてもらおうと、

ネクソンロゴをあしらったイヤホンやゲームのノベルティなど、

いつも持ち運んでいただけるグッズをご用意しました!

 

2017年度も、皆様に、長期間にわたり楽しんでいただけるような、

独創的で高品質なゲームをお届けすべく、

より一層努力して参ります!

続々と新作ゲームも配信予定ですので、ぜひご期待ください♪

名作ゲームリレー!★ Vol.2 制作部 プロダクトデザイン室 室長 水野太介

皆さんこんにちは~~~♪

今日のコンテンツは、先月からスタートした「名作ゲームリレー!」の第2弾!!!!!

 

(´-`).。oO(「名作ゲームリレー!」ってナニ?)

(´-`).。oO(Vol.1は誰が出てたの・・・?)

 

上記に当てはまる方は、まず先に前回の投稿を読んでから、今回のものを読んでください!http://corporateblog.company.nexon.co.jp/entry/2017/02/27/183616

 

 

では、早速「名作ゲームリレー!Vol.2」スタートです!

バトン代わりのメイプルキノコを受け取ったのは・・・・・

この方っっっっっっっっっ!!!!

 

制作部 プロダクトデザイン室 室長 水野太介!!!!

f:id:corporateblog:20170323124610p:plain

※加工感まる見え・・・・なんてコメントは受け付けておりません(笑)

普段は、ゲーム内に登場する2D/3Dのキャラクターやアイテムをデザインしているチームを率いる、頼れる室長ですが、

実は「かなりのゲーマー」という社内でも噂を良く耳にします・・・・

(※広報調べ※)

 

どんなゲームを紹介してくれるのか、楽しみです!

------------------------------

まず、バトンを受け継いだ心境はいかがですか?

光栄ですね・・・・ありがとうございます!

 

それでは本題ですが、今回はどんなゲームをご紹介いただけるのでしょうかっ!?

MYSTというアドベンチャーゲームです。今でいうと、脱出ゲームに近い感じですかね。

本を開くと島に迷い込む。そして、その島から脱出すべく謎を解いていく。そんなゲームです。単なるアドベンチャーゲームではなく、パズル要素もあるのが特徴ですね。

 

f:id:corporateblog:20170323124614j:plain

『MYST』は、海外のリアルなCGグラフィックで作られていて、日本のドット絵ゲームしか知らなかった当時小学生の私には衝撃でした。

当時から色々なゲームをやっていたのですが、『MYST』を見た時は「おっ!」っていう自分の中のアンテナが立って・・・!『MYST』が欲しすぎて、それまで持っていたコンソールを手放して、『MYST』がプレイできるゲーム機を買うほどでした(笑)。

 

そのためにゲーム機を購入できるなんて、かなり衝撃的だったんですね(笑)。ちなみに、一番惹かれたのは、ゲーム内のどういった要素ですか?

グラフィックに加えて、雰囲気とか世界観ですかね。あとは独特の孤独感。

 

孤独感ですか・・・ゲームを私も拝見したんですが、孤独ではあるものの、寂しさ満載!と言う感じではなかったんですが・・・

「寂しい」というよりは、文明があったところに放り出されて、かつ誰もいない、という「無」の感じですかね。

当時から日本のゲームは親切なところが多くて、ある程度プレイをすれば操作方法が自然と分かってきたり、ちゃんとチュートリアルがあったり。ただ、『MYST』に関しては、始まったらいきなり港に放り出されるんですよ。「あとは自分でどうぞーー!」って感じで(笑)。自由度がとても高くて、その感覚が私にとっては新鮮でした。

 

私は指示されて動きたいタイプなので、そういうのは迷走しちゃうかもしれないです・・・

そういうタイプだと、このゲームはかなり厳しいかもしれないなぁ(笑)

f:id:corporateblog:20170323124619j:plain

スイッチが転がっていて、押しても何も起こらなかったりしてるんですが、そもそも電源が入っていなかったり、押しても意味がないスイッチだったり・・・あとは、いきなり選択肢が多数でてきたり、そもそも選択肢があるのかないのかも分からない、みたいな状況が多々あって、何回か挫折しました・・・・

実は、同じ『MYST』を手放してはまた購入して、っていうのを3回くらい繰り返してるんですよ。

 

えっっっっ・・・・ちなみに最初にプレイした時は、何%くらいクリアできたんですか?

0%です。島の中を散歩して終わりましたね。

 

えっっっっ・・・・(笑)

ゲームのスタートとなる図書館には行ったんですけど、図書館が何なのかがそもそも分からなかったんです。本が置いてあるのは分かるんですけど、そこから何をすればいいっていうのが全く見えずで・・・

当時小学生だったので、あっさり「よく分かんない、これ」ってなっちゃって手放したのですが、自分の中にモヤモヤしたものが残っていて、また購入して、っていう。

ただ、2回目にチャレンジしたのも同じく小学生の頃だったんですが、20~30%くらいまでは、粘りました!!!

 

1回目と2回目のチャレンジに、何か違いはあったんですか?

とにかく頑張りました(笑)。

2回目のときは、かなり気合を入れて、図書館に書いてある文章とかをメモったりしながら「謎を解くぞ!」というスタンスで挑みました。攻略本とかに頼りたくない、という想いもあったので・・・!

頑張ったんですが、結局挫折してしまい、3回目になんとかクリアできました・・・・!!!!!

 

ちなみに、再チャレンジの可能性はありますか・・・?

うーん、老後にとっておこうかな(笑)

f:id:corporateblog:20170323124621j:plain

そういえば、私さっき3回購入したってお伝えしたんですけど、よくよく考えると6回でした!コンソール4回とPC版を1回、そして最近出たiOS版1回で、合計6回ですね(笑)

 

おお!!!(笑)ハマると同じゲームを何回もやりたいタイプなんですね。

そうですね。5年10年経つと、ふとした瞬間にまたやりたいなって思いますね。

まぁこのゲームは謎とき要素が多いので、「答えを知っていても、もう1度やりたいのか!」ってツッコミがあるかと思いますが、私はどちらかというとあの世界に浸りたいっていう。そう、あの島に戻りたい。

 

「あの島に戻りたい」ってフレーズ、渋くてかなり良いですね!!サブタイトルにしたいくらい(笑)ちなみに、『MYST』は「グラフィックアドベンチャーの金字塔」とも言われているようですが、やっぱりこういったクリエイティブなゲームが好きなのは、現在の仕事(制作部の仕事)にも何かしら繋がっていたりしますか?

自分のなかのクリエイティブな部分に、『MYST』っていう存在はすごく大きな部分を占めているというか、感性的なところに影響を与えているなっていうのはすごく感じますね。

 

自分の想い入れのあるゲームが、現在の仕事に繋がる部分があるってステキですね!ちなみに、水野さんはゲーマーだという噂を社内でちらほら(というよりむしろかなり多く)耳にするのですが、普段どれくらいゲームされているんですか?

毎日深夜0時から、3時・4時くらいまでゲームしていますね。

昔は、起きてる間ずっとゲームって感じだったんですけど、最近は家族との時間も大事にしつつ、夜に自分のやりたいゲームをしています。もちろん、家族と一緒にゲームをして楽しむこともありますよ!

 

f:id:corporateblog:20170323124616j:plain

社内で「ゲーマー」と噂される理由が分かった気がします(笑)最後に、この投稿を見て『MYST』をプレイしたい!と思った人に一言コメントをお願いします!

実は、『MYST』はあまり人にオススメするもんじゃないと思ってます。

 

(筆者心の声)工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

最近の謎ときゲームって答えがチラついていたり、すぐにネットで調べられるじゃないですか。なので、私が小学校の時に受けたあの衝撃は、今の時代だと難しいのかな、と思って・・・・・・

もちろん、プレイして楽しんでくれたら、それはそれで嬉しいのですが、「当時だから」という要素が強いゲームですね。このコメントを見てプレイした方、挫折しても諦めずに頑張ってください!

------------------------------

 

紆余曲折あったようですが、ゲーム愛が伝わる貴重なお話、ありがとうございました!!!

 

さて、次は誰が指名されるのでしょうか~~~?社員の皆さんは、心構えをお忘れなく!!!!

f:id:corporateblog:20170323125005j:plain

 

開発者を突撃取材!新作モバイルゲーム『エビルファクトリー』&『アフター・ジ・エンド』!

皆さんこんにちは!!

ネクソンが今年に入って配信を開始したモバイルゲーム『エビルファクトリー』『アフター・ジ・エンド:忘れられた運命』(以下、『アフター・ジ・エンド』)の開発者が、来日!!!!!

チャンスを逃してはならないっ・・・・と思い、お二人に会いに行ってきました!

日本でも配信中の『アラド戦記』や『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』を手掛けている、ネクソングループの開発拠点であるNeople(ネオプル)に在籍しているお二人。実はこの2作品のような小規模チームで開発しているゲームは、ネクソングループではなんです!

弾丸スケジュールのなか、日本のメディアインタビューにも応じていただき、開発秘話を語ってくれたので、ぜひぜひご覧ください~~~♪

ネクソンの新作アプリ「アフター・ジ・エンド:忘れられた運命」と「エビルファクトリー」の開発陣にインタビュー
http://www.gamer.ne.jp/news/201703210001/

 


ここからは、ブログ限定コンテンツです~~~!!(ステッカーかわいい・・・!!)f:id:corporateblog:20170323114657j:plain

左:ファン・ジェホ『エビルファクトリー』開発プロデューサー)

右:パク・ジェウン『アフター・ジ・エンド』開発プロデューサー)

 

まずは、ファンさん『エビルファクトリー』開発者)にお話しを伺います。

f:id:corporateblog:20170323114158j:plain

『エビルファクトリー』は全てがボス戦というコンセプトがユニークですが、このコンセプトは最初から決まっていたんですか?

ファン:いえ、元々は怪獣もののゲームを開発したいと思っていました。

 

怪獣ものですか?

ファン:怪獣が、街を壊していくゲームだったんですが、それがあんまり面白くなくて・・・・

そこで気付いたのが「主人公が強すぎると面白くないな」ということです。そこで、「主人公をすっごく弱くしちゃおう」って思って、「弱い主人公が大きいボスと戦う」というコンセプトで開発を始めたのが『エビルファクトリー』なんです。

ただ、数がかなり多いので、ボスの開発にはかなり時間がかかりました・・・・


お察しします(笑)。話は変わりますが、日本のレビューや記事には、「ツッコミにキレがある」や「ジョークが面白い」というコメントが多いんですが、こだわったんですか?
ファン:こだわりました!!!韓国語では絶対に面白い!と思ったんですけど、翻訳を通じて面白さが同じように伝わるかな・・・というのはちょっと心配でした。僕は個人的に日本語ができるので、実は日本語は自分で調整しました。味を出したいなぁと思って(笑)

※ファンさん、日本語がかなり流暢で、メディア取材そして本ブログ取材は通訳なしも余裕でした!!! スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノby筆者
ファン:ですので、そういったコメントをいただけるのは、とても嬉しいです。
僕はポルトガル語とかフランス語は全然分からないので、ちゃんと面白くなってるか確認ができなかったんですが、レビューをみると「面白い」って書かれているらしい(これまたレビューも読めない笑)ので、「あ、伝わってるな」とは思いました。

 

日本語に関しては、日本人の私が見ても面白いな、って思いました。「日本語を知ってる人が作ってるな」、っていう印象を受けました。

ファン:基本的にゲームがハードコア寄りなので、ストーリーをそんなに重くしたくなかったんです。そういうジョークがあると、ストレスを和らげてくれるかなと思って。

f:id:corporateblog:20170323114203p:plain

 ※右の画像は、ファンさんよりいただいた、上位ステージのスクリーンショットです!

はい、完全に癒されてます(笑)。全然話は変わるんですが、私の上司が、『エビルファクトリー』のミニゲームで世界ランク24位にランクインしたんですが、何かコメントいただけないでしょうか・・・?(汗)

※『エビルファクトリー』のミニゲームとは(公式プレスリリースより)
ゲームの進行中に入手できるゲームカートリッジを集めると、「アーケードルーム」のミニゲームを解除して、プレイできるようになります。反射神経が試される多彩なミニゲームで、世界のプレイヤーとスコアを競い合いましょう!


ファン:おぉ、すごいですね!とうことは、本編遊ばないでミニゲームばかり遊んでるんですかね?(笑)実は、ミニゲームをすごく頑張ってやってる方がまわりにもいて、世界ランク3位がいるんですよ。

 

皆さんハイレベルですね・・・!ファンさんはプレイしないんですか?

ファン:僕がやると、1位になるので僕はやりません。皆さんに譲らないと!

 

確かに(笑)

ファン:本編に関しても、僕は全部クリアしているんですが、「エビルモード」っていうハードモードはかなり難しくて、僕もできなかったりします。

 

そんな難易度が高いものも・・!最後に、本ブログの読者にコメントをお願いします

ファン:『エビルファクトリー』は、これまでのネクソンのゲームとは少し異なるタイプのゲームです。このゲームを機に、「ネクソンってこういうゲームも作れるんだな」と思ってもらえると嬉しいです。

 

 

では、ここでバトンタッチしてパクさん『アフター・ジ・エンド』開発者)にお話を聞いてみたいと思います!

f:id:corporateblog:20170323114151j:plain

『アフター・ジ・エンド』は世界観がとてもユニークですが、アイディアを実際に落とし込むのには時間がかかったんじゃないですか?

パク:アイディアが出たのが、2015年の11月くらいで、2016年1月にはプロトタイプができていたので、実はそんなに時間はかかりませんでした。

 

360度カメラ機能が個人的にかなり衝撃だったのですが、こだわりはありますか?

パク:レベルごとにステージの構想が全て違うので、ひとつひとつをよく見せたいと思ったのがきっかけです。実は、カメラを動かせる角度がステージごとに違うというのも特徴ですね。

『アフター・ジ・エンド』ならではの特徴だと思いますので、ぜひこの機能を楽しんでいただきたいです。

f:id:corporateblog:20170323114200j:plain

このカメラ機能、開発に時間がかかりましたか?

パク:開発というよりも、デバイスの性能に結構影響を受けるので、デバイスごとに最適化するのに時間がかかりました。AndroidとiPhoneだと、見えるオブジェクトの数が異なるので、その分カメラの視点の展開スピードを変える必要があって・・・これはとても大変でしたね。

 

最後に、読者にコメントをお願いします!

パク:日本でも、期待以上の結果が出て、非常に満足しています。気合いを入れてやり込む、というよりも、ゆっくり楽しんでプレイしていただきたいと思っています。

 

 

<番外編>

開発って山あり谷ありで疲れることも多いと思いますが、行き詰った時のリフレッシュ法はなんですか??

パク:配信開始直前は忙しくて、リフレッシュをする時間がなかったです(汗)でも、普段は趣味のスキューバダイビングですね。

ファン:僕はリフレッシュもゲームです!!!!!!違うジャンルのゲーム、例えば『エビルファクトリー』開発時の気分転換はパズルゲーム、といった感じで。

 

f:id:corporateblog:20170323114154j:plain

ファンさんパクさん、面白いお話ありがとうございました!!!

ちなみに、最後の写真は、目線がズレているのではなく、お二人が緊張の面持ちでメディア用の写真を取っているのを、横から撮影させていただいた写真です(笑)

インタビューの時はビシッと決めてくれるお二人、ステキです!!!そして本ブログ用コンテンツでは、お二人のパーソナリティを感じとっていただけると嬉しいなぁと思います。

まだプレイしてない!という方は、下記公式ページよりダウンロードしてお楽しみください♪


『エビルファクトリー』

http://mobile.neople.co.kr/evilfactory/

『アフター・ジ・エンド』
http://mobile.neople.co.kr/aftertheend/

ニュースレター第2号「NEXT ON×CULTURE」を発行!

みなさん、こんにちは!

 

この度ネクソンでは、ニュースレター第2号となる

゚・*:.。..。.:*・゚ 「NEXT ON×CULTURE゚・*:.。..。.:*・゚ を発行致しました!

わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

 

NEXT ON×CULTURE

http://pdf.irpocket.com/C3659/o1Tt/YZSG/oy7J.pdf 

f:id:corporateblog:20170315165130j:plain 

 

実は・・・ネクソンでは、

昨年の12月から、ニュースレターを発行しているのです!!!

(えっ、知らなかった!?!?そんな方は、ぜひニュースレター第1号「NEXT ON×G-STAR*」からご覧ください♪)

http://pdf.irpocket.com/C3659/DZbR/zfUv/xskE.pdf

*G-STAR:世界有数かつ韓国最大のゲームショウ

 

 

ニュースレター 「NEXT ON」というタイトルは、

次に来る、未来を想像させるような意味を持つ「Nextと、

NEXONという社名の由来(!!!)で、

未来のオンラインコンテンツビジネスに対する期待とビジョンを込めた

「Next Generation Online Serviceを掛け合わせています♪

 

「NEXT ONでは、

ゲーム業界についてやネクソンが主催・参加する大型イベントのレポート、

ネクソンの社員の声など、幅広いトピックから、

毎号テーマを設定し、深掘りして情報をお届けする予定です!

 

============

本号では、ネクソンの様々な部署の社員を総力取材=3=3=3!!!

 

ネクソンをあらわすキーワード、

「Global「Diversity「Creativity「Professionalを体現する

社員のインタビューを通じて、

ネクソンの「Culture(社風)」をお伝えしています!

f:id:corporateblog:20170317150047j:plain

 

 

自分の経験やスキルをいかして、ネクソンらしさを創り上げている様子のほか、

オンラインゲーム業界とともに歩んでいると言っても過言ではない!?

ネクソンの生き字引(!)社員、

大会で優勝するほどの腕前で、海外遠征もした経歴をもつ

ゲーマーから転身した社員などなど、

色んなバックグラウンドを持つネクソン社員の視点を通じて、

ネクソンの制度や働き方の多様性についても紹介しています!

 

 

インタビュー中には、「入社は一目ぼれ♡」という

ネクソンへのあふれる入社のきっかけ話や

海外拠点の社員との交流を深めるきっかけとなった、

川に落とした時計探しのエピソード!?!など、

本号では紹介しきれない話がたっぷり…!!

 

インタビューこぼれ話については、

改めてこのブログで一部ご紹介できればと思います!

 

ぜひご覧ください♪

 

 

そして・・・ニュースレターのもう一つの目玉・・・

隠れ?キャラ、★☆★きのこ★☆★

f:id:corporateblog:20170317150522j:plain

ネクソン社員による、味のある手書きイラスト!

なかなかシュールな仕上がりになっています…(照笑

 

第1号では控えめに1つ(1人?一匹?)だったのですが、

何と今回は一気に6つも!!!大胆に増やしてみました!!

 

今後のきのこの行方にもぜひご期待ください♪笑

 

次号はネクソングループが主催する、

韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス

「NDC:Nexon Developers Conference」について、

ご紹介する予定です!

お楽しみに♪♪♪

 

 

『HIT』から皆様にお知らせです&開発者からもコメントが届いています!

「すべての一撃が、美しい。」でおなじみ

昨年12月に日本での配信を開始した

スタイリッシュコンボアクション『HIT』から、

皆様にうれしいお知らせです!

 

f:id:corporateblog:20170315171321p:plain

この美女は一体!?!?

 

 

 

そうなんです!なんとこのたび!『HIT』で・・・

 

 

新キャラクター「レナ」が実装されました!!!!!

(●´艸`)。゚.o。ォメデトゥ。o.゚。(´艸`●)

 

「アニカ」「ヒューゴ」「キキ」「ルーカス」に次ぐ、5人目の新キャラクター♪

どんなキャラクターなのでしょう?

      

f:id:corporateblog:20170315172245p:plain

 

            f:id:corporateblog:20170315171700p:plain

 

弓を駆使した華麗かつ迫力のあるアクションと、

天真爛漫で明るいキャラクター性をもつ!

・・・との言葉通り、『HIT』内で初めて弓を使うキャラクターで、

蒼穹(そうきゅう)の射手!

 

先行しているグローバル版での人気はすでに高く、

全体の40%がメインキャラクターにしているほどだとか!

 

 

レナ特有の弓を使ったスキルアクションはこちらからご覧ください!

◆トレーラームービー

www.youtube.com

「神速」で放たれる矢!しびれます♪

「レナ」アップデート特設サイトもぜひチェックしてみてください!

 

◆アップデート特設サイト

https://mobile.nexon.co.jp/hit/campaign/update

=============== 

そして今回!新キャラクター実装にあたり

『HIT』を手掛けた開発会社、NAT Gamesのお二人が来日!

ということで、お話を聞いてきました!

 

f:id:corporateblog:20170315172153j:plain

(右)代表取締役:パク・ヨンヒョン氏

(左)『HIT』 グローバルスタジオ プロデューサー:ホン・スンミョン氏

 

まずは自己紹介をお願いします

パク・ヨンヒョン氏(以下、パク):私は、『HIT』の開発を手掛けたNAT Gamesの代表取締役、パク・ヨンヒョンと申します。ゲーム開発全体の責任者です。

 

ホン・スンミョン氏(以下、ホン):私は『HIT』のグローバルスタジオのプロデューサーとして、日本版、中国版、グローバル版のプロデュースを担当しています。

 

■早速ですが、今回新しいキャラクターも登場しましたが、お二人の好きな『HIT』のキャラクターを教えてください!

パク:私は「キキ」です。あまりコントロールが得意ではないので・・・笑 

操作のしやすさを考えると、キキですね。

 

ホン:私は「アニカ」です!やはり、アクションゲームに求める爽快さがありますし、

近距離で武器を振り回すのは気持ちがいいです。

 

■開発に携わるお二人から、ユーザーのみなさんに、『HIT』のぜひここを堪能してほしい!というオススメポイントがあれば、教えていただけますでしょうか

 

パク:やはりグラフィックではないでしょうか。元々私たちはPCオンラインゲームを手掛けてきたという強みもあるため、モバイルゲームだからと妥協せず、グラフィックの表現にこだわって作っているので、ぜひ細かなところまで見てほしいと思っています。

 ※(こっそり)パクさんは、『リネージュII』『TERA』などの人気MMORPGを手掛けてきた韓国を代表するゲームクリエイターです!!!

 

ホン:私もグラフィックですね。『HIT』は、日本では珍しいリアルな3Dグラフィックで表現されています。PCやゲーム専用機に負けないグラフィックになっていると思いますので、是非楽しんでもらいたい部分です。

 

■最後に、このブログを見ている読者の方々に、一言ずつコメントをお願いします

ホン:『HIT』は、たくさんキャラクターが出るタイトルではなく、ひとりひとりのキャラクターを長く育てる楽しさを味わってもらいたいゲームです。新キャラクターも追加されましたし、じっくり育てていくゲームなので、長くお付き合いいただければ幸いです。

 

パク:今後とも『HIT』を、どうぞよろしくお願いします!

===============

 

新キャラクターの「レナ」も登場して、さらに一層楽しめそうな予感♡

『HIT』、ぜひお楽しみください~~~!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月17日(金)には、HIT』公式生放送も♪

こちらもお見逃しなく!

 

 ▼317日放映!『HIT』公式生放送!

NEXON新作『HIT』は良ゲー!今夜はみんなで遊びつくせ!

アメリカザリガニ、S嶋、マミルトン、ヒロルトン、コジマ店員、せんとすが視聴者の皆さんと一緒にHITをプレイ!番組の最後には豪華プレゼントも!

【放映日時】2017年3月17日(金)20:00~

【放映場所】

ニコニコ生放送:※ページは後日公開されます

http://live.nicovideo.jp/watch/lv292714273  

Youtube LIVE(マミルトンCH):

https://www.youtube.com/channel/UC0-H-XRuSPbDdPRmAnuzxSQ 

Twitter:※放映開始後URLがツイートされます

https://twitter.com/HIT_nexon  

===============

 

皆さんが考えたデザインがゲームに反映されるかも!?

ギルドエンブレムコンテストも開催中!

 

▼ギルドエンブレムデザインコンテスト開催▼

ギルドのシンボルとなるエンブレムデザインコンテストの作品応募が開始いたしました。

皆さんから応募いただいたデザインの中から各部門でノミネート作品を選出。

そのノミネート作品の中から投票にて見事選ばれたデザインは後日ゲーム内に実装されます!

マントにも刻印されるギルドエンブレム。渾身のデザインを奮ってご応募ください。

 

応募期間や方法などは特設ページにてご確認ください。

攻略サイトGame8内特設ページ:https://game8.jp/hit/event/130484

 

この他にもいろいろなキャンペーンなイベントを開催しておりますので、

アップデート特設サイトを是非ご確認ください!

 

◆アップデート特設サイト

https://mobile.nexon.co.jp/hit/campaign/update

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダウンロードURL

iOS版:https://itunes.apple.com/app/id1159609537

Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nexon.hit.japan

公式サイト:http://mobile.nexon.co.jp/hit

公式twitter:https://twitter.com/HIT_nexon