読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネクソン公式ブログ

ネクソンが運営する公式ブログです!会社やゲームに関する情報に加え、社内イベントやネクソン社員の情報など、いろんな角度から情報を発信しています!

開発者を突撃取材!新作モバイルゲーム『エビルファクトリー』&『アフター・ジ・エンド』!

ゲーム

皆さんこんにちは!!

ネクソンが今年に入って配信を開始したモバイルゲーム『エビルファクトリー』『アフター・ジ・エンド:忘れられた運命』(以下、『アフター・ジ・エンド』)の開発者が、来日!!!!!

チャンスを逃してはならないっ・・・・と思い、お二人に会いに行ってきました!

日本でも配信中の『アラド戦記』や『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』を手掛けている、ネクソングループの開発拠点であるNeople(ネオプル)に在籍しているお二人。実はこの2作品のような小規模チームで開発しているゲームは、ネクソングループではなんです!

弾丸スケジュールのなか、日本のメディアインタビューにも応じていただき、開発秘話を語ってくれたので、ぜひぜひご覧ください~~~♪

ネクソンの新作アプリ「アフター・ジ・エンド:忘れられた運命」と「エビルファクトリー」の開発陣にインタビュー
http://www.gamer.ne.jp/news/201703210001/

 


ここからは、ブログ限定コンテンツです~~~!!(ステッカーかわいい・・・!!)f:id:corporateblog:20170323114657j:plain

左:ファン・ジェホ『エビルファクトリー』開発プロデューサー)

右:パク・ジェウン『アフター・ジ・エンド』開発プロデューサー)

 

まずは、ファンさん『エビルファクトリー』開発者)にお話しを伺います。

f:id:corporateblog:20170323114158j:plain

『エビルファクトリー』は全てがボス戦というコンセプトがユニークですが、このコンセプトは最初から決まっていたんですか?

ファン:いえ、元々は怪獣もののゲームを開発したいと思っていました。

 

怪獣ものですか?

ファン:怪獣が、街を壊していくゲームだったんですが、それがあんまり面白くなくて・・・・

そこで気付いたのが「主人公が強すぎると面白くないな」ということです。そこで、「主人公をすっごく弱くしちゃおう」って思って、「弱い主人公が大きいボスと戦う」というコンセプトで開発を始めたのが『エビルファクトリー』なんです。

ただ、数がかなり多いので、ボスの開発にはかなり時間がかかりました・・・・


お察しします(笑)。話は変わりますが、日本のレビューや記事には、「ツッコミにキレがある」や「ジョークが面白い」というコメントが多いんですが、こだわったんですか?
ファン:こだわりました!!!韓国語では絶対に面白い!と思ったんですけど、翻訳を通じて面白さが同じように伝わるかな・・・というのはちょっと心配でした。僕は個人的に日本語ができるので、実は日本語は自分で調整しました。味を出したいなぁと思って(笑)

※ファンさん、日本語がかなり流暢で、メディア取材そして本ブログ取材は通訳なしも余裕でした!!! スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノby筆者
ファン:ですので、そういったコメントをいただけるのは、とても嬉しいです。
僕はポルトガル語とかフランス語は全然分からないので、ちゃんと面白くなってるか確認ができなかったんですが、レビューをみると「面白い」って書かれているらしい(これまたレビューも読めない笑)ので、「あ、伝わってるな」とは思いました。

 

日本語に関しては、日本人の私が見ても面白いな、って思いました。「日本語を知ってる人が作ってるな」、っていう印象を受けました。

ファン:基本的にゲームがハードコア寄りなので、ストーリーをそんなに重くしたくなかったんです。そういうジョークがあると、ストレスを和らげてくれるかなと思って。

f:id:corporateblog:20170323114203p:plain

 ※右の画像は、ファンさんよりいただいた、上位ステージのスクリーンショットです!

はい、完全に癒されてます(笑)。全然話は変わるんですが、私の上司が、『エビルファクトリー』のミニゲームで世界ランク24位にランクインしたんですが、何かコメントいただけないでしょうか・・・?(汗)

※『エビルファクトリー』のミニゲームとは(公式プレスリリースより)
ゲームの進行中に入手できるゲームカートリッジを集めると、「アーケードルーム」のミニゲームを解除して、プレイできるようになります。反射神経が試される多彩なミニゲームで、世界のプレイヤーとスコアを競い合いましょう!


ファン:おぉ、すごいですね!とうことは、本編遊ばないでミニゲームばかり遊んでるんですかね?(笑)実は、ミニゲームをすごく頑張ってやってる方がまわりにもいて、世界ランク3位がいるんですよ。

 

皆さんハイレベルですね・・・!ファンさんはプレイしないんですか?

ファン:僕がやると、1位になるので僕はやりません。皆さんに譲らないと!

 

確かに(笑)

ファン:本編に関しても、僕は全部クリアしているんですが、「エビルモード」っていうハードモードはかなり難しくて、僕もできなかったりします。

 

そんな難易度が高いものも・・!最後に、本ブログの読者にコメントをお願いします

ファン:『エビルファクトリー』は、これまでのネクソンのゲームとは少し異なるタイプのゲームです。このゲームを機に、「ネクソンってこういうゲームも作れるんだな」と思ってもらえると嬉しいです。

 

 

では、ここでバトンタッチしてパクさん『アフター・ジ・エンド』開発者)にお話を聞いてみたいと思います!

f:id:corporateblog:20170323114151j:plain

『アフター・ジ・エンド』は世界観がとてもユニークですが、アイディアを実際に落とし込むのには時間がかかったんじゃないですか?

パク:アイディアが出たのが、2015年の11月くらいで、2016年1月にはプロトタイプができていたので、実はそんなに時間はかかりませんでした。

 

360度カメラ機能が個人的にかなり衝撃だったのですが、こだわりはありますか?

パク:レベルごとにステージの構想が全て違うので、ひとつひとつをよく見せたいと思ったのがきっかけです。実は、カメラを動かせる角度がステージごとに違うというのも特徴ですね。

『アフター・ジ・エンド』ならではの特徴だと思いますので、ぜひこの機能を楽しんでいただきたいです。

f:id:corporateblog:20170323114200j:plain

このカメラ機能、開発に時間がかかりましたか?

パク:開発というよりも、デバイスの性能に結構影響を受けるので、デバイスごとに最適化するのに時間がかかりました。AndroidとiPhoneだと、見えるオブジェクトの数が異なるので、その分カメラの視点の展開スピードを変える必要があって・・・これはとても大変でしたね。

 

最後に、読者にコメントをお願いします!

パク:日本でも、期待以上の結果が出て、非常に満足しています。気合いを入れてやり込む、というよりも、ゆっくり楽しんでプレイしていただきたいと思っています。

 

 

<番外編>

開発って山あり谷ありで疲れることも多いと思いますが、行き詰った時のリフレッシュ法はなんですか??

パク:配信開始直前は忙しくて、リフレッシュをする時間がなかったです(汗)でも、普段は趣味のスキューバダイビングですね。

ファン:僕はリフレッシュもゲームです!!!!!!違うジャンルのゲーム、例えば『エビルファクトリー』開発時の気分転換はパズルゲーム、といった感じで。

 

f:id:corporateblog:20170323114154j:plain

ファンさんパクさん、面白いお話ありがとうございました!!!

ちなみに、最後の写真は、目線がズレているのではなく、お二人が緊張の面持ちでメディア用の写真を取っているのを、横から撮影させていただいた写真です(笑)

インタビューの時はビシッと決めてくれるお二人、ステキです!!!そして本ブログ用コンテンツでは、お二人のパーソナリティを感じとっていただけると嬉しいなぁと思います。

まだプレイしてない!という方は、下記公式ページよりダウンロードしてお楽しみください♪


『エビルファクトリー』

http://mobile.neople.co.kr/evilfactory/

『アフター・ジ・エンド』
http://mobile.neople.co.kr/aftertheend/

ニュースレター第2号「NEXT ON×CULTURE」を発行!

コーポレート

みなさん、こんにちは!

 

この度ネクソンでは、ニュースレター第2号となる

゚・*:.。..。.:*・゚ 「NEXT ON×CULTURE゚・*:.。..。.:*・゚ を発行致しました!

わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

 

NEXT ON×CULTURE

http://pdf.irpocket.com/C3659/o1Tt/YZSG/oy7J.pdf 

f:id:corporateblog:20170315165130j:plain 

 

実は・・・ネクソンでは、

昨年の12月から、ニュースレターを発行しているのです!!!

(えっ、知らなかった!?!?そんな方は、ぜひニュースレター第1号「NEXT ON×G-STAR*」からご覧ください♪)

http://pdf.irpocket.com/C3659/DZbR/zfUv/xskE.pdf

*G-STAR:世界有数かつ韓国最大のゲームショウ

 

 

ニュースレター 「NEXT ON」というタイトルは、

次に来る、未来を想像させるような意味を持つ「Nextと、

NEXONという社名の由来(!!!)で、

未来のオンラインコンテンツビジネスに対する期待とビジョンを込めた

「Next Generation Online Serviceを掛け合わせています♪

 

「NEXT ONでは、

ゲーム業界についてやネクソンが主催・参加する大型イベントのレポート、

ネクソンの社員の声など、幅広いトピックから、

毎号テーマを設定し、深掘りして情報をお届けする予定です!

 

============

本号では、ネクソンの様々な部署の社員を総力取材=3=3=3!!!

 

ネクソンをあらわすキーワード、

「Global「Diversity「Creativity「Professionalを体現する

社員のインタビューを通じて、

ネクソンの「Culture(社風)」をお伝えしています!

f:id:corporateblog:20170317150047j:plain

 

 

自分の経験やスキルをいかして、ネクソンらしさを創り上げている様子のほか、

オンラインゲーム業界とともに歩んでいると言っても過言ではない!?

ネクソンの生き字引(!)社員、

大会で優勝するほどの腕前で、海外遠征もした経歴をもつ

ゲーマーから転身した社員などなど、

色んなバックグラウンドを持つネクソン社員の視点を通じて、

ネクソンの制度や働き方の多様性についても紹介しています!

 

 

インタビュー中には、「入社は一目ぼれ♡」という

ネクソンへのあふれる入社のきっかけ話や

海外拠点の社員との交流を深めるきっかけとなった、

川に落とした時計探しのエピソード!?!など、

本号では紹介しきれない話がたっぷり…!!

 

インタビューこぼれ話については、

改めてこのブログで一部ご紹介できればと思います!

 

ぜひご覧ください♪

 

 

そして・・・ニュースレターのもう一つの目玉・・・

隠れ?キャラ、★☆★きのこ★☆★

f:id:corporateblog:20170317150522j:plain

ネクソン社員による、味のある手書きイラスト!

なかなかシュールな仕上がりになっています…(照笑

 

第1号では控えめに1つ(1人?一匹?)だったのですが、

何と今回は一気に6つも!!!大胆に増やしてみました!!

 

今後のきのこの行方にもぜひご期待ください♪笑

 

次号はネクソングループが主催する、

韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス

「NDC:Nexon Developers Conference」について、

ご紹介する予定です!

お楽しみに♪♪♪

 

 

『HIT』から皆様にお知らせです&開発者からもコメントが届いています!

ゲーム

「すべての一撃が、美しい。」でおなじみ

昨年12月に日本での配信を開始した

スタイリッシュコンボアクション『HIT』から、

皆様にうれしいお知らせです!

 

f:id:corporateblog:20170315171321p:plain

この美女は一体!?!?

 

 

 

そうなんです!なんとこのたび!『HIT』で・・・

 

 

新キャラクター「レナ」が実装されました!!!!!

(●´艸`)。゚.o。ォメデトゥ。o.゚。(´艸`●)

 

「アニカ」「ヒューゴ」「キキ」「ルーカス」に次ぐ、5人目の新キャラクター♪

どんなキャラクターなのでしょう?

      

f:id:corporateblog:20170315172245p:plain

 

            f:id:corporateblog:20170315171700p:plain

 

弓を駆使した華麗かつ迫力のあるアクションと、

天真爛漫で明るいキャラクター性をもつ!

・・・との言葉通り、『HIT』内で初めて弓を使うキャラクターで、

蒼穹(そうきゅう)の射手!

 

先行しているグローバル版での人気はすでに高く、

全体の40%がメインキャラクターにしているほどだとか!

 

 

レナ特有の弓を使ったスキルアクションはこちらからご覧ください!

◆トレーラームービー

www.youtube.com

「神速」で放たれる矢!しびれます♪

「レナ」アップデート特設サイトもぜひチェックしてみてください!

 

◆アップデート特設サイト

https://mobile.nexon.co.jp/hit/campaign/update

=============== 

そして今回!新キャラクター実装にあたり

『HIT』を手掛けた開発会社、NAT Gamesのお二人が来日!

ということで、お話を聞いてきました!

 

f:id:corporateblog:20170315172153j:plain

(右)代表取締役:パク・ヨンヒョン氏

(左)『HIT』 グローバルスタジオ プロデューサー:ホン・スンミョン氏

 

まずは自己紹介をお願いします

パク・ヨンヒョン氏(以下、パク):私は、『HIT』の開発を手掛けたNAT Gamesの代表取締役、パク・ヨンヒョンと申します。ゲーム開発全体の責任者です。

 

ホン・スンミョン氏(以下、ホン):私は『HIT』のグローバルスタジオのプロデューサーとして、日本版、中国版、グローバル版のプロデュースを担当しています。

 

■早速ですが、今回新しいキャラクターも登場しましたが、お二人の好きな『HIT』のキャラクターを教えてください!

パク:私は「キキ」です。あまりコントロールが得意ではないので・・・笑 

操作のしやすさを考えると、キキですね。

 

ホン:私は「アニカ」です!やはり、アクションゲームに求める爽快さがありますし、

近距離で武器を振り回すのは気持ちがいいです。

 

■開発に携わるお二人から、ユーザーのみなさんに、『HIT』のぜひここを堪能してほしい!というオススメポイントがあれば、教えていただけますでしょうか

 

パク:やはりグラフィックではないでしょうか。元々私たちはPCオンラインゲームを手掛けてきたという強みもあるため、モバイルゲームだからと妥協せず、グラフィックの表現にこだわって作っているので、ぜひ細かなところまで見てほしいと思っています。

 ※(こっそり)パクさんは、『リネージュII』『TERA』などの人気MMORPGを手掛けてきた韓国を代表するゲームクリエイターです!!!

 

ホン:私もグラフィックですね。『HIT』は、日本では珍しいリアルな3Dグラフィックで表現されています。PCやゲーム専用機に負けないグラフィックになっていると思いますので、是非楽しんでもらいたい部分です。

 

■最後に、このブログを見ている読者の方々に、一言ずつコメントをお願いします

ホン:『HIT』は、たくさんキャラクターが出るタイトルではなく、ひとりひとりのキャラクターを長く育てる楽しさを味わってもらいたいゲームです。新キャラクターも追加されましたし、じっくり育てていくゲームなので、長くお付き合いいただければ幸いです。

 

パク:今後とも『HIT』を、どうぞよろしくお願いします!

===============

 

新キャラクターの「レナ」も登場して、さらに一層楽しめそうな予感♡

『HIT』、ぜひお楽しみください~~~!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月17日(金)には、HIT』公式生放送も♪

こちらもお見逃しなく!

 

 ▼317日放映!『HIT』公式生放送!

NEXON新作『HIT』は良ゲー!今夜はみんなで遊びつくせ!

アメリカザリガニ、S嶋、マミルトン、ヒロルトン、コジマ店員、せんとすが視聴者の皆さんと一緒にHITをプレイ!番組の最後には豪華プレゼントも!

【放映日時】2017年3月17日(金)20:00~

【放映場所】

ニコニコ生放送:※ページは後日公開されます

http://live.nicovideo.jp/watch/lv292714273  

Youtube LIVE(マミルトンCH):

https://www.youtube.com/channel/UC0-H-XRuSPbDdPRmAnuzxSQ 

Twitter:※放映開始後URLがツイートされます

https://twitter.com/HIT_nexon  

===============

 

皆さんが考えたデザインがゲームに反映されるかも!?

ギルドエンブレムコンテストも開催中!

 

▼ギルドエンブレムデザインコンテスト開催▼

ギルドのシンボルとなるエンブレムデザインコンテストの作品応募が開始いたしました。

皆さんから応募いただいたデザインの中から各部門でノミネート作品を選出。

そのノミネート作品の中から投票にて見事選ばれたデザインは後日ゲーム内に実装されます!

マントにも刻印されるギルドエンブレム。渾身のデザインを奮ってご応募ください。

 

応募期間や方法などは特設ページにてご確認ください。

攻略サイトGame8内特設ページ:https://game8.jp/hit/event/130484

 

この他にもいろいろなキャンペーンなイベントを開催しておりますので、

アップデート特設サイトを是非ご確認ください!

 

◆アップデート特設サイト

https://mobile.nexon.co.jp/hit/campaign/update

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダウンロードURL

iOS版:https://itunes.apple.com/app/id1159609537

Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nexon.hit.japan

公式サイト:http://mobile.nexon.co.jp/hit

公式twitter:https://twitter.com/HIT_nexon

ネクソン×gloops「DESIGN AWARD 2017」の主催者にインタビューーー!

コーポレート

先日行われた☆.。.:*DESIGN AWARD 2017*:.。.☆の様子を、
先週ブログでレポートしましたが、皆さん、ご覧いただけましたでしょうか???^^


   ※まだという方は、こっそり下記URLから急いで読んでください!!
   http://corporateblog.company.nexon.co.jp/entry/2017/03/10/182635

 
ネクソンとgloopsが共同で主催した本イベントは、
 「売手意識の向上がテーマ。


つまり、作り手が込めた価値だけではなく、

「ユーザーが感じる価値」を意識した制作物を作成すべく、

作り手側の意識を高めることを目的にしています。


イベント直後に、主催者のネクソン 制作部 副部長の岡田さん(写真右)と、
gloops DESIGN STUDIO スタジオ長 上田さん(写真左)を直撃!!!!
選考の裏話など情報を入手すべく、お話を聞いてきました!

f:id:corporateblog:20170315144527p:plain

今回「DESIGN AWARD 2017
」を初めて2社合同で実施することになった、背景を教えてください。

上田:gloopsで過去2回「DESIGN AWARD」を開催したのですが、前回見学をしてくださった岡田さんにお声掛けしてみたところ、主旨に共感いただき、今回実現に至りました!

岡田:これまで社内でデザイナーを表彰する機会がなくて・・・小規模での表彰は実施していたんですが、「せっかくやるなら、大々的にやる方が良いな!」と思ったのがきっかけです。


本イベントは「売手意識の向上」をテーマにされていましたが、選考の際に「売手意識の向上」を考慮した、具体的なエピソードはありますか?
※「売手意識の向上」=作り手が込めた価値だけではなく、「ユーザーが感じる価値」を意識した制作物を作成すべく、作り手側の意識を高めること

岡田:主催者であると同時に、僕はANIMATION 部門の審査も行ったのですが、同じタイトルの2つのアニメーションで、どちらをノミネートするか迷った事例がありました。

一つが「キャラクターの最終進化で、ゲームをやりこんだ人しか見られない」アニメーションで、もう一つが「より多くのユーザーが目にすることのできる、ガチャのオープニング」アニメーション。

前者は「水の滴り方の表現が絶妙」という強いこだわりが感じられ、アート性が評価されました。でも後者は、非常にたくさんのプレイヤーが目にする」アニメーションであり、まさに「ゲーム会社としてなにを売るべきか」を感じさせてくれました。そのため最終的に、「売手意識の向上」というアワードのテーマに合致する後者の動画がノミネートされました。

今回は、全体的に素晴らしい作品が非常に多く、悩みましたが楽しく審査をさせていただきました。

f:id:corporateblog:20170315181703p:plain


事例が分かりやすくて、かなり納得しました!そして、審査員の皆さんも本当にお疲れ様でした(笑)。
最後の質問ですが、お二人はこの「DESIGN AWARD
」を今後どうしていきたいですか?目標などがあれば、教えてください。

上田:「DESIGN AWARD」は、開催することが目的ではなくて、このイベントを機に、他のメンバーの作品を見て、刺激を得て、自分の作品にも活かしてもらうということが目的です。過去の実績を見ても、受賞した人はすごく自信を持ってくれている印象があるので、この良い刺激を上手くチーム内で循環させることで、良い雰囲気作りの一つのきっかけになればと思っています。

また、最近受賞者のコメントの中でも、【「この曲線が綺麗」とかそういうところを気にするんじゃなくて、実際ユーザーさんがどう面白いと思っていただけるかを意識しました】などといった、「売手意識の向上」が感じとれるコメントが出るようになったのは、とても嬉しいです。

f:id:corporateblog:20170315181808p:plain

岡田:ネクソンとしては、初めて開催したのでまだ反響は分かりませんが、制作部のほぼ全員が投票や授賞式に参加していたので、関心を持ってくれていたんだな、という手応えは感じています。「トライアル&エラー」で構わないので、今後も色々な挑戦は続けていきたいと考えています。

今後、部のメンバーが「DESIGN AWARDのトロフィーをゲットしたい!」と思ってくれたらうれしいですね。

f:id:corporateblog:20170310122212j:plain

岡田さん、上田さん、
貴重なお話ありがとうございました!!

祝!トップパブリッシャーアワード「2016年 世界収益ランキング」にランクイン!

コーポレート

先日、アプリ市場データを提供するApp Annie社が主催する

トップパブリッシャーアワードが発表され、

な、なんと!ネクソンは、昨年に引き続き
「2016年 世界収益ランキング」

ランクインしました!(○´∀`)//""パチパチ

 

 

f:id:corporateblog:20170313132457j:plain

 

トップパブリッシャーアワードとは、

年間を通してアプリ市場の成長に大きく貢献した

アプリ提供企業に対してApp Annieから贈られる賞で、

「App Annie Intelligence」で提供されている

収益、ダウンロード、MAUといった指標に基づいて

受賞企業が決定されています。

 

今回ネクソンがランクインした「2016年世界収益ランキング」は、

2016年の全世界におけるiOSとGoogle Playの

アプリ合計収益のトップ52社のランキングとなり、

ネクソンは☆.。.:*!30位!*:.。.☆にランクインしています!

 f:id:corporateblog:20170313132828j:plain

先日受賞式では、ネクソンのモバイル事業本部 本部長の、

金 起漢(キム・キハン)が登壇し、ご挨拶!

 今回の受賞と今後の抱負について語りました♪

f:id:corporateblog:20170313133458j:plain

 

========

「昨年に引き続き、このような賞をいただき、大変光栄に思います

当社は、グローバル事業に強みを持っておりますが、

日本の実績も出していきたいと考えておりました。

幸いにも、昨年より日本でも『HIDE AND FIRE』『HIT』等の

新作を続々と発表しており、

日本プレイヤーの皆様の嗜好に合わせたカルチャライズをすれば

好評を得られることがわかり、嬉しく思います。」

 

「今後も、海外の素晴らしいゲームを日本国内に紹介し、

日本のゲーム市場の成長に貢献できれば幸いです。

また、優秀な日本の開発会社の皆様とパートナーシップを組み

ネクソンの強みを活かして、ともに海外へ展開する機会を持ちたいと考えております。」

 ========

 

受賞したきらきらのトロフィーをパチリ★

f:id:corporateblog:20170313134843j:plain

受賞会場には、受賞企業のロゴとランキングが書かれた

こんな素敵なトランプも並んでいました!

f:id:corporateblog:20170313133345j:plain

来年も同賞をいただけるよう、引き続き精進してまいります!

皆様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ペコリ(o_ _)o))

 

 

=========

<App Annieとは>

App Annie (アップアニー社) は、アプリビジネスの市場データとインサイトを提供しており、70万を超える登録ユーザーに利用されています。米国カリフォルニア州サンフランシスコ市に本社を置き、450名の従業員が世界15都市でビジネスを展開しています。これまでに有力なベンチャーキャピタルから1億5,700万米ドルの資金を調達しています。

 

<ランキング詳細>(App Annieブログ)

App Annie、2016年 世界収益ランキング トップ52社を発表

URL:https://www.appannie.com/jp/insights/customer-stories/jp-top-publisher-2016/

 

 

ネクソン×gloops「DESIGN AWARD 2017」が開催されました!!

コーポレート ネクソンの取り組み

先日、社内で☆.。.:*DESIGN AWARD 2017*:.。.☆が開催され、
その様子をレポートしてきましたっ!!

f:id:corporateblog:20170310122352p:plain


ネクソンとgloopsが共同で主催した本イベントは、

「売手意識の向上がテーマ。

つまり、作り手が込めた価値だけではなく、
「ユーザーが感じる価値」を意識した制作物を作成すべく、
作り手側の意識を高めることを目的にしています。

 

今回は、下記の5部門が設けられ、ノミネート作品の発表、
及び受賞作品の発表が行われました!

・WEB DESIGN 部門

・PRODUCT DESIGN 部門

・DESIGN 部門

・ILLUSTRATION 部門

・ANIMATION 部門

そのうち本ブログでは、WEB DESIGN部門をご紹介します!
せっかくなので、受賞作品に加えて、選考理由も特別に公開しちゃいます~!

(各サイトの推しポイントなので、今後各サイトを見る際は、皆さん選考理由の部分にぜひぜひ注目してください!!)

f:id:corporateblog:20170310122121p:plain

今回ノミネートされたのは、この5タイトル!!
f:id:corporateblog:20170310122124p:plain

 

まずは、モバイルゲームとは思えないクオリティの高画質グラフィックと、
爽快感が特徴的な『HIT』のブランドサイト!
http://mobile.nexon.co.jp/hit
f:id:corporateblog:20170310122126p:plain


次は、モバイルでサクサク楽しめるガンシューティングゲーム
『ハイドアンドファイア』のウェブサイト!

カラフルかつクールで、カッコいいウェブサイトです!
https://mobile.nexon.co.jp/haf

f:id:corporateblog:20170310122129p:plain


そして次は、PCオンラインゲーム

『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』のウェブサイト!
草薙素子の鋭い目つきにドキっとしますね!

http://sac.nexon.co.jp/

f:id:corporateblog:20170310122133p:plain

 

『Tree of Savior』のウェブサイトもノミネート!

同作らしいほんわかした、どことなくレトロな感じの雰囲気が
ウェブサイトからも伝わってきます。

http://tos.nexon.co.jp/

f:id:corporateblog:20170310122136p:plain


最後は、『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』

プレスカンファレンスで作成した、全面スクリーン動画!
筆者も会場にいましたが、全方位連動した映像演出により、ゲームの世界感に入り込めたのはもちろん、アトラクションを楽しんでいるかのような、印象を受けました★

f:id:corporateblog:20170310122139p:plain

この5作品で見事受賞したのは・・・・・・





『HIT』ブランドサイト~~~~~!!!

f:id:corporateblog:20170310122126p:plain


今回受賞した皆さん~~~
「ウェブサイト」と一言で言っても、プランナーやデザイナー、そしてエンジニアと、様々な役割の人たちが携わっています!チームワークも受賞のカギかもしれません!!(`・ω・´)キリッ

f:id:corporateblog:20170310122812p:plain

受賞者にはトロフィーも!箱までついていて、かなり本格的でした!

(撮影のために触ったらチョット指紋が付いてしまった・・・
 本当にごめんなさい(謝罪))

f:id:corporateblog:20170310122212j:plain

f:id:corporateblog:20170310122112j:plain

最後は受賞者&審査員全員で記念撮影☆.。.:*・゜

今後もゲームの良さを最大限に活かせるような作品を皆さんにお届けできるよう、ネクソン・gloopsともに努力してまいります!

 

受賞者のみなさん、
本当におめでとうございます!!^^♪

 

社員も多数参加し、盛り上がった今回の「DESIGN AWARD 2017」!

イベント後に主催者を直撃インタビューしたので、次回はDESIGN AWARD 2017」の裏側をお伝えしちゃいます!!

お楽しみに~~~~!!

 

名作ゲームリレー!★ Vol.1 モバイル事業本部 本部長 金 起漢 

【連載】名作ゲームリレー!

突然ですが・・・・・

 

 

「今日、ネクソン公式ブログ初の

       連載コンテンツをスタートします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連載コンテンツのタイトルは・・・・・

*:・'゚☆。.名作ゲームリレー!゚☆。:*:・'

 

実はこれ、以前社内報にて実施していた連載コンテンツなんです。

昔寝ずにプレイした懐かしの名作ゲームや、ゲーム会社に入社したい!と思うきっかけとなったゲーム、ストーリー設定がぶっ飛びすぎて逆に印象に残っている、などなど・・・・皆さん思い思いに、「これだっ!」というゲームがあると思います。


そのようなゲームを、ネクソン社員がリレー形式で、ゲームの紹介+個人のエピソードを交えて紹介していく企画です!!!
今後、月1回程度のペースで連載できればと思っています!!(`・ω・´)キリッ

記念すべき、「名作ゲームリレー!」のスタートを切るのはこの人!

 

 

f:id:corporateblog:20170227183409p:plain

 

 

 

 

 

ではなく・・・・、この人!

f:id:corporateblog:20170222163151p:plain

 

ネクソンのモバイル事業本部 本部長の、金 起漢(キム・キハン)です!

(※メイプルキノコも出演したいようだったので、横に座らせてあげました)

早速ここからは、QA形式でお届けします!

------------------------------
あなたにとっての「名作ゲーム」は何ですか?

その前に、モバイル担当にも関わらず、モバイルではないものを紹介してもいいですか?

えっ…いいですよ(笑)

私がお勧めするのは、昔のゲームなんですが、
『ワンダーボーイ モンスターランド』というアーケードゲームです!確か80年後半~90年初頭くらいのタイトルだったと思います。

なぜこのゲームを選んだんですか?

私は学生の頃からかなりゲーム好きで、多くのゲームをしてきたのですが、「アーケードゲームとRPG要素が組み合わさったゲーム」をプレイしたのは『ワンダーボーイ モンスターランド』が初めてで、とても印象に残っています。

元々家庭用のゲームをプレイしていて、『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズといったRPGゲームが好きでした。


『ワンダーボーイ モンスターランド』は、当時のアーケードゲームでは珍しかった家庭用ゲームと同様のRPG要素に加えて、アーケードゲーム特有のゲームパッドによる操作性の良さを兼ね備えている、というのがかなり衝撃的でしたね。

 f:id:corporateblog:20170222163444p:plain

もう少しゲームに関して、詳しく教えていただけますか?

一言でいうと、アーケードゲームなのにRPG要素が強いゲームです。
主人公の装備を強化してレベルアップしながら、登場する敵を倒し、冒険を進めていきます。ゲーム内でゴールドを集めてアイテムを購入したり、今となっては普通ですが、当時はできることの幅がかなり広かったゲームです。

なるほど。クリアには結構時間がかかるゲームだったんですか?

いえ、1時間もあればクリアできました(笑)

裏技とかってありましたか?

特定の場所に獲得できるゴールドを集めて装備を購入できるんですが、通常は2~3枚しか獲得できないゴールドが、レバーを左右にばーーーーーーーーーっと振ると、65ゴールド獲得できる、という裏技がありました。

主人公がジャンプしているわずかな間に、一気にレバーを振らないといけないため、ちょっとスキルが必要です。アーケードならではですが、他の人がプレイしているのを見れるので、ほとんどの人がこの裏技を知っていましたが(笑)レバーを振る音もかなりうるさかったですし(笑)

 f:id:corporateblog:20170222163941p:plain

『ワンダーボーイ』はシリーズ作もいくつかあるようですが、『ワンダーボーイ モンスターランド』以外もプレイされましたか?

はい、プレイしましたがやっぱり『ワンダーボーイ モンスターランド』がいいですね。その当時に受けた衝撃や、貯めたお小遣いを持ってゲームセンターに通った思い出などもありますので。

ちなみに、今ここに『ワンダーボーイ モンスターランド』を用意したら、クリアできる自信はありますか!?

恐らく大丈夫です!(笑)

f:id:corporateblog:20170222164213p:plain

最近はゲーム市場の変化も激しく、モバイルゲームも世に溢れていますが、「アーケードゲームならではの良さ」って何だと思いますか?

ゲームパッドによる操作性の良さが特徴的な、アーケードならではのデバイス、学生とかが集まってゲームをする懐かしいゲームセンターならではの雰囲気っていうのは、家庭用ゲーム機やPCオンラインゲーム、モバイルゲームにはない良さだと思います。

 

最後に、あなたにとっての『ワンダーボーイ モンスターランド』とは?

ゲーム会社に入社するきっかけって、やっぱり「ゲームが好きだから」という想いが強いと思います。


しかし、単にゲームを好きでやってるだけじゃなくて、ゲーム会社への入社に行きつくには何かしらのきっかけがあると思っていて、こんなゲームを『作ってみたい』と思わせるくらいの強い衝動に駆られるゲーム」が皆さんそれぞれあるのではないでしょうか。

『ワンダーボーイ モンスターランド』は、私にとってまさにそういったゲームの一つでした。ゲームセンターで、ただ単に連打しているだけのゲームじゃなくて、ちゃんと考えてキャラクターを成長させたり、敵キャラクターの癖を研究したり、というRPG要素をちゃんと取り入れていたゲーム。「ゲームって色々できるんだな」ということを感じさせてくれたゲームですね。

 

貴重なお話、本当にありがとうございました!

次回の指名者もバッチリ伺いましたので、今後このメイプルキノコをバトン代わりに、
リレーをつないで、ネクソン社員のキャラクターを皆さんにお届けできたらと思います!

f:id:corporateblog:20170222162521j:plain

2回もお楽しみに~~~♪

.。*゚+.*.。 『テイルズウィーバー』13th Anniversary!! 。+..。*゚+

ゲーム

f:id:corporateblog:20170220140944p:plain

f:id:corporateblog:20170220121120j:plain

ネクソンのPCオンラインゲーム『テイルズウィーバー』が13周年を迎えました~~~~~★

 

13周年を記念して、今日からゲーム内もお祝いモードに♪
(黄色のキャラクター「ゼリッピ」の13周年記念ボードがゲーム内にたくさん、、、、癒される、、、、かわいすぎる、、、、)

f:id:corporateblog:20170220122728j:plain

f:id:corporateblog:20170220122742j:plain

 

13周年を記念して、イベントも多数実施中!!
なかでもネクソン公式ブログが注目している
ブルーコーラルフェスティバル」を紹介します!

f:id:corporateblog:20170220123008j:plain

一言でフェスティバルの内容を紹介すると・・・・ 

【これまでのプレイ時間などを「記念ポイント」へ変換して、13周年記念アイテムをゲット!】とのこと。。。

 

 

 

 

記念アイテム欲しい!!!!!!!

 

 

 

 

ということで、早速グッズを紹介~~~!

 

まずは・・「オリジナルサントラ」 
今年のWebMoney AwardでBEST SOUND賞を受賞してるから、これは期待大!+.☆

f:id:corporateblog:20170220123253j:plain

実はこれ、GMせぬこさんイチオシのアイテム!!!コメントもゲットしてきました!

f:id:corporateblog:20170220124206p:plain

 

つづいて・・・・タオルケット!
良い夢が見れそうな気しかしません(★-ω-)zzZZ

f:id:corporateblog:20170220123403j:plain

そして・・・デスクマット&オリジナル時計
時間を気にしながらもゲームに没頭できそうですね!!( ̄ω ̄;)(矛盾している・・・)

f:id:corporateblog:20170220123512j:plain

 

f:id:corporateblog:20170220123527j:plain

先ほどちょっとコメント部分でネタバレしてしまいましたが、、、、(汗)

実はGMさん達も13周年をお祝いして、ドレスアップしましたー!!!!
GMとは「ゲームマスター」のことで、ゲーム内のサポート等を行う、運営チームのキャラクターです。それぞれ個性があってカワイイ!!

f:id:corporateblog:20170220122255p:plain

お祝いモードのGMさんに、フェスティバルの見どころを聞いてきました!本ブログ用に特別にコメントをゲット~~~~~!!!

 

「イベントで遊べるミニゲームも、モンスターたちが小さめでとても可愛いのですが…
イベント以外だと各町マップの飾りつけがオススメです!

特に13周年イベントのメイン会場になるマップ「ブルーコーラル」は、女王様のはからいで一日中煌びやかなイルミネーションが楽しめるようになっています!ブルーコーラル以外の町も、13周年の飾りつけで華やかになっていますので、巡ってみてください。」

 

その他、13周年を記念して、多数のイベントを実施中~~!
イベントに参加して、お祝いモードをもっともっと盛り上げましょうーーー♪

 

各種イベントの詳細は、『テイルズウィーバー」の特設サイトをご覧ください。

talesweaver.nexon.co.jp

社内バレンタインイベントをのぞき見♪

コーポレート

今週はビッグイベントバレンタインがありましたね!

みなさんはいかがお過ごしでしたか?

 

大好きなあの人(*´∀`*)ポッ お世話になったあの人⁽⁽ (。・・。) ⁾⁾ ソワソワ

仲良しのあの人から(๑˃̵ᴗ˂̵)و、チョコをあげたりもらったり!?

 

今回は、ネクソン社内で開催したバレンタインイベントをご紹介♪

 

ネクソンでは、社員同士の交流を図るため、

社員が任意で参加できる交流会、「シャッフルランチ」

「ペットを飼っている人、飼いたい人向け!」や

「女子会ランチ!」など、色々なテーマで定期的に開催されています!

 

そして今回はもちろん、バレンタインがテーマ! 

その名も、❤みんなで持ち寄りバレンタイン

 

当日会場をしきったのは、某チョコレート工場の主と思われるあのお方♪

チョコへのが感じられます♡

f:id:corporateblog:20170217190854j:plain

今回の参加者は15人!5人ずつのテーブルに分かれて、

まずはランチを食べながら、自己紹介♪

 

指にきらりとチョコレートモチーフの指輪をつけてきた人も。

意気込みが素敵です♡

f:id:corporateblog:20170217190911j:plain

普段は交流の少ない部署の社員同士が、担当業務の説明や趣味の話等

和気あいあいムードではじまりました~。 

 

そして!!!今回のメインイベント、持ち寄りチョコタイム!

皆さん、それぞれ思い思いのチョコを持ち寄って、 

「バレンタイン、楽しいなっ♪チョコレート!」

の掛け声にあわせて、チョコをぐるぐるシャッフル!

自分の前に来たチョコで、デザートタイムを満喫♪

 

f:id:corporateblog:20170217190935j:plain  f:id:corporateblog:20170217190956j:plain

 

そしてあれ。。。あれれ。。。

あの巨大なチョコは!!!

f:id:corporateblog:20170217191040j:plain

そうなんです!

昨年10月に実施したハロウィンの社内イベントで、

社長賞の副賞、巨大チョコが、ここに登場!

f:id:corporateblog:20170217191053j:plain

このチョコが当たった方も、驚きのチョコ祭り。

まさにバレンタインにふさわしい♡

f:id:corporateblog:20170217113624j:plain f:id:corporateblog:20170217191116j:plain

即席でデザインまで!さすがのデザイン力です!

室内には甘~いチョコの香りが♪

皆で分けておいしくいただきました!

 f:id:corporateblog:20170217191137j:plain

ちなみに、一般的に会社で渡すチョコは「社交チョコ」

言われているようですが、

今回交換したチョコは、初めましての社員もいるので、「初チョコ」

それとも、もうすっかり友だちということで、「友チョコ」と言うべきでしょうか…?

 

以上、バレンタインイベントの様子をお届けしました~!

 

なお!ネクソンのゲームでは、引き続きバレンタイン企画が続いているものもあるので、ぜひお試しください~!

 

今度はどんなイベントをご紹介できるのか・・・

また突撃レポートさせていただきます!

お楽しみに~♪

❤ネクソンゲームで過ごすバレンタイン❤

ゲーム

本日!2月14日は❤バレンタインデー❤です!!!
チョコを渡したり、愛を告白したりなどなど・・・色々あると思いますがいかがお過ごしでしょうか?

ネクソンはゲームをする方が大好き・・・(*゚ー゚*)

そこで!プレイヤーの皆さまに向けて、ネクソンのゲームではバレンタインに合わせた
様々なゲーム内イベントやスペシャルパッケージの販売などを行っております。
ぜひぜひお楽しみください(≧∇≦)

たくさんあるので一部を紹介させていただきます~!

PC

■Tree of Savior  http://tos.nexon.co.jp/
~バレンタインチョコ奪還大作戦!~
街のみんなが、いつもは気恥ずかしくて言えないお礼を込めて、沢山のバレンタインチョコをプレゼントしてくれたのですが、下っ端モンスターに盗まれてしまいました!
ボスモンスターへ上納されてしまったチョコレートを奪還しましょう!獲得した「バレンタインチョコ」を食べた数に応じて、報酬を得ることができます。

【期間】2017年2月8日(水)メンテナンス終了後~2月22日(水)メンテナンス前まで

【イベント詳細】 http://tos.nexon.co.jp/players/news/357

 f:id:corporateblog:20170213171437j:plain

 

メイプルストーリー  http://maplestory.nexon.co.jp/
~バレンタインチョコレートボックス~
ルシードからみんなへバレンタインのプレゼント!
1日に3個開けられるチョコレートボックスを使ってチョコを集め、様々なアイテムと交換しよう!

【期間】2017年1月25日(水)メンテナンス終了後~2月14日(火)23:59
【イベント詳細】 http://maplestory.nexon.co.jp/campaign/v_valentine.asp

 f:id:corporateblog:20170213171432j:plain

 

テイルズウィーバー  http://talesweaver.nexon.co.jp/
~カップルブレイカー~
ネニャフル学院に住む猫たちにも恋の嵐がやってきた!
「のら猫1」にチョコレートを渡したい「のら猫2」を妨害したい「謎の猫X」。
策略渦巻く猫たちの恋路を手伝って、新規アバターアイテムを手に入れよう!

【期間】2017年2月1日(水)メンテナンス後 ~ 2月22日(水)メンテナンス前まで
【イベント詳細】 http://talesweaver.nexon.co.jp/notice/newest.aspx?no=148663

f:id:corporateblog:20170213171435j:plain

 

攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE  http://sac.nexon.co.jp/
~バレンタインイベント~
結果報酬により一定の確率で獲得できるイベントチケットを使って、バレンタインモチーフのアイテムを獲得しよう!

【期間】2017年2月8日(水)メンテナンス終了後~2月22日(火)メンテナンス前まで
【イベント詳細】 http://sac.nexon.co.jp/news/100

f:id:corporateblog:20170213171647j:plain

 

モバイル
■HIDE AND FIRE  https://mobile.nexon.co.jp/haf
~奪われたチョコレート!カカオ争奪作戦開始!~
メイド服のアイリーンとソフィーから、『HIDE AND FIRE』をプレイする皆さまにバレンタインデーのプレゼント!!コブラに奪われたカカオを奪還しましょう!
集めたカカオはチョコに交換でき、チョコを使って☆6を含む銃器やダイヤを手に入れることができます。

【期間】2017年2月7日(火)~2月14日(火)
【イベント詳細】 http://www.nexon.co.jp/news/detail.aspx?no=132352

f:id:corporateblog:20170213171430j:plain

マビノギデュエル  http://devcat.nexon.com/duel/jp
~バレンタインイベントミッション~
指定のヒーローとデュエルするミッションをクリアして報酬を獲得!

【期間】2017年2月9日(木)メンテナンス後~2月23日(木)パッチ前まで
【イベント詳細】 https://m.nexon.com/forum/thread/18218

f:id:corporateblog:20170213171439p:plain

バレンタインならではの特別キャンペーンを、
是非この機会にネクソンゲーム内でお楽しみください❤❤❤