ネクソン公式ブログ

ネクソンが運営する公式ブログです!会社やゲームに関する情報に加え、社内イベントやネクソン社員の情報など、いろんな角度から情報を発信しています!

今年もNDCの季節がやってきた!・・で、NDCって何?の疑問をここで解決!

f:id:corporateblog:20180406124329p:plain

さて、今年も4月26日から28日までの3日間、韓国にてネクソンコリア主催の"Nexon Developers Conference"略して「NDC」の開催が決定しました!!

韓国で行われているイベントということもあり、日本ではまだ知らない方が多いかもしれない本イベント・・・でも、実は世界中からゲーム開発者やゲームファンが集う、今年で12回目を迎えるビッグイベントなのです!
そこで、今回はNDCについて、過去を振り返りながら、がっつりとご紹介したいと思います!

【そもそもNDCって何?】
NDCは、ネクソンコリアが主催する韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスで、近年では約2万人の来場者と100以上の講演数を誇ります。ゲームファンの皆さまにはご存知の方も多いGDC(1)やCEDEC(2)等と肩を並べる世界有数のゲーム開発者向け会議へと成長しているのです!
(1)GDC: Game Developers Conferenceの略で、米国で毎年開かれるゲーム開発者向け会議
(2)CEDEC: Computer Entertainment Developers Conferenceの略で、日本最大のゲーム開発者向け会議

過去の会場の様子はこんなかんじ!
f:id:corporateblog:20180406125844j:plain

f:id:corporateblog:20180406125757j:plain

f:id:corporateblog:20180406125818j:plain

 

【そもそもなんでネクソンはNDCを開催している?】
ゲーム会社だから、ゲーム関連イベントを開催するのは一見すると違和感ないかもしれないですが・・・やはりそれだけではこれだけ大規模のカンファレンスを開催するに至る(ぶっちゃけコストもかかるし・・・)理由は謎と思われる方もいらっしゃると思います。

実はNDCはもともと、社内向けのイベントとしてネクソンコリアの人事部主催で始まったのです!!!
「ネクソンが成長していくうえで、これまで社内で蓄積されたノウハウを社員同士で共有することもとても大切!」そんな想いから、2007年に社内向けに、従業員による33のセッションを実施したのが始まり。

そして、社内での好評を受け、翌年からは社外からもゲストスピーカーを招致。
どんどんと参加者やセッション数が増え、社外からも「参加したい!」との声を多くいただくようになりました。

そこで、ネクソンはNDCをそれまでの「社内向けイベント」という位置づけから、ゲーム業界の更なる発展に向け、「韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス」に進化させることを決断。
2011に、本格的に外部公開を開始したのです。
NDC開催10週年を記念に公開された数字で見る軌跡はこちらの通り!

 

f:id:corporateblog:20180409113117p:plain

そして、2016年までの計10回では、毎年テーマも設けていたので、そちらもシェア!

f:id:corporateblog:20180409113327p:plain

去年(2017年)と今年のテーマは・・?というと、あえてテーマをもうけていません。
あまりにも変化の激しい時代。テーマを設けるのではなく、柔軟に、多様なセッションをご用意したい、との思いから、NDCという名のもと例年と変わらず熱き想いで開催しております!!

ちなみに、日本からもゲストスピーカーとして、越後谷和広氏 (コーエーテクモゲームス)、熊谷友介氏 (クリプトン・フューチャー・メディア)など、これまで多くの方々にご登壇いただきました!
今年は日本から、アークシステムワークスより石渡太輔氏と安部秀之氏、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークス部より生守一行氏のご登壇も予定しています!楽しみです♪
さらに、NDCの盛り上がりに合わせて2014年から始まった取り組みが、NDCPです!
P・・・それは”Partners”のPからとっております・・・
正式名称"Nexon Developers Conference for Partners"!!

言うまでもなく、ネクソンのビジネスは多くのパートナー企業さまのご協力のもとに成り立っています。なかには欧米に拠点を置く企業さまも多く、日本と韓国に主要な拠点を置くネクソンの担当者とも直接顔を合わせる機会は多くはありません。
そこで、パートナー企業さま向けとして、より深く、外部の方には公開が難しいようなセッションを設けるとともに、e-Sports先進国である韓国における最大規模の常設e-sports施設として、ネクソンが設立・運営している「NEXON ARENA」の見学等の機会をご提案しています。
こちらも例年、多くのゲストの方々でにぎわい、貴重な交流の機会として社内外で浸透しています!
2018年のNDCは、105のセッションを準備し、世界中からご来場者さまをお待ちしています。
そうはいっても海外にはなかなか行きづらいなぁ…という方!のために、今年のNDCの様子は、開催期間中、随時Facebookや公式ブログにてレポートしますのでお楽しみに♪

ネクソンは今後も、NDCおよびNDCPの開催を通じて、ゲーム業界全体のさらなる発展に貢献していきたいと考えています!

■NDC18の詳細はニュースリリースをチェック!

http://pdf.irpocket.com/C3659/VKXr/T2Bq/KDb0.pdf


■昨年までの様子をまとめたイベントぺージでは、動画もご覧いただけます!

http://company.nexon.co.jp/event/2017NDC_report.html


■ネクソンが発行するニュースレター「NEXT ON」のNDC特集もぜひご覧ください!
企画者や参加者の想いがつまったコメントも掲載しています!

http://pdf.irpocket.com/C3659/iQkZ/qVJD/TvUS.pdf

 

第16回定時株主総会を開催しました!

3/27(火)に、ネクソンの第16回定時株主総会が開催されました!

 

今回は、なんと!ネクソン史上初の六本木オフィス内での実施

株主の皆様に、ネクソンの社風を少しでもご理解いただければという想いで、社外施設からネクソン社員が日々業務を行っているオフィスでの開催に変更しました!

普段は社内ミーティングやお昼ごはん、社内イベント等で幅広く使われているスペース「ハングアウト」が、当日は大変身しました!

 

f:id:corporateblog:20180403122634j:plain

普段のハングアウト

f:id:corporateblog:20180403123237j:plain

 株主総会仕様のハングアウト

 

f:id:corporateblog:20180403123457j:plain

今回は黒を基調に、シックなトーンで統一。ネクソンの代表タイトルのプレイアブルコーナーも登場しました!

PC:『メイプルストーリー』『アラド戦記』

モバイル:『DURANGO:Wild Lands』『HIT ~Heroes of Incredible Tales~』

 

DURANGOはつい先日、年内の日本配信が正式決定したばかり!(ぜひご期待ください~!)

 

事業報告では、報告事項のほかに、このDURANGOのプレイ動画(韓国版)をはじめ、同じく年内の日本配信が予定されている『OVERHIT』や、昨年ネクソングループの一員となったPixelberry Studiosの代表作『Choices: Stories You Play』動画も紹介されました!

 f:id:corporateblog:20180403123528p:plain『OVERHIT』スクリーンショット

 

f:id:corporateblog:20180403123601p:plain『Choices: Stories You Play』スクリーンショット

 

なお、当日の株主総会の様子は、

ネクソンのIRウェブサイトで4月中に動画を公開予定です。

ぜひこちらもご覧ください!

 

f:id:corporateblog:20180403124116j:plain

今年のお土産は、ペン、クリアフォルダ、ステッカー、そしてモバイルアクセサリーケース!

f:id:corporateblog:20180403124123j:plain

こんな感じで、お出かけの際に使っていただき、ネクソンを身近に感じていただけると大変うれしいです!

 

2018年度は今後、ゲームタイトルの配信開始も数多く控えています。皆さまに、長期間にわたり楽しんでいただけるような、独創的で高品質なゲームをお届けすべく、より一層努力して参ります! 

NEXON Mobile Media Day!

すっかり春めいた今日このごろ、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

春といえば、別れと出会い、新たな旅立ちの季節などとよく言われますね!!

人によってこの季節に馳せる想いはさまざまであると思いますが、

満開の桜の花と青空の近くにいるときは、多くの人がとてもすがすがしく素敵な表情でいらっしゃる気がします!!!

 

さて、そんな桜満開を直前に控えた3月22日、六本木一丁目のネクソン社屋にて

「NEXON Mobile Media Day」が開催されました!

 

f:id:corporateblog:20180329160844j:plain

これは、ゲーム業界を含むメディアならびにアナリストの方々に、ネクソンのモバイル事業の最新の取り組み状況についてご説明する場を設けさせていただいたものです。

 

市場の分析や、これまでのネクソンの日本国内のモバイル事業の振り返り、さらに新規タイトルのご紹介やネクソンとgloops間の協力体制について、ネクソンのモバイル事業本部の金起漢(キム・キハン)よりご説明しました。

 

国内モバイルゲーム市場においては、IPタイトルの存在感がより一層増し、海外タイトルの台頭が目立つ最近・・。

そんななかネクソンのモバイル事業は、2017年下半期に 『StraStella』『三國志曹操伝 ONLINE』の2タイトルをリリース!さらに、『HIDE AND FIRE』『HIT ~Heroes of Incredible Tales~』ではバイオハザードやベルセルクなど素敵なコンテンツとのコラボをさせていただくとともに、公式トーナメントや公式生放送など、オン・オフラインでプレイヤーの皆さまに楽しんでいただけるような施策を実施してきました。

 

f:id:corporateblog:20180329161923j:plain

そして、このような取り組みと同時に準備してきた新規タイトルの多くが、続々とローンチを控えているのが今年なのです!

 

年内配信予定タイトルのひとつが2017年11月に韓国で配信開始し大きな反響を得た『OVERHIT』『HIT ~Heroes of Incredible Tales~』を手がけたNAT GAMESの最新作で、現在日本向けのオリジナルシナリオ準備など、まさにローカライズの真っ最中です。ぜひ今後の新情報にご期待ください!

 

f:id:corporateblog:20180329162420j:plain

 

そしてもう1つが、革新的なMMORPG『DURANGO: Wild Lands』。韓国では今年1月の正式配信前の事前登録者数250万人を記録した期待作で、このたび日本での年内配信が正式に決定しました!

詳細のニュースリリースはこちら!http://pdf.irpocket.com/C3659/hI2W/FtKy/VVFk.pdf

 

f:id:corporateblog:20180329162901j:plain

 

そして直近でのβテスト実施が決定したのが、超巨大ボスハンティングRPG『GIGANT SHOCK』(ギガントショック)!

その名の通り超巨大なボス「ギガント」に人類「覚醒者(ハンター)」たちが立ち向かう!

アタッカー、プロテクター、アシスターという3種類の職業を使い分けながら、対ギガント戦をとことんお楽しみいただける内容です!

公式サイトもOPENしておりますので、ぜひご確認ください!

https://mobile.nexon.co.jp/gigantshock

f:id:corporateblog:20180329163007j:plain

 

オープニングムービー



さらに、このモバイルメディアデーで初公開となったタイトルが、gloopsが開発、そしてネクソンからパブリッシュする『ドラゴン騎士団』です!現在は事前登録も受付中・・・乞うご期待ください!
https://mobile.nexon.co.jp/dragonknights

f:id:corporateblog:20180329170949j:plain

gloopsには、『アラド戦記』等のオンラインゲーム開発を手掛けるネクソングループのNeopleで代表取締役社長を務めた李 仁(イ・イン)が2017年4月に代表取締役社長に就任。開発体制をスタジオ制に移行するとともに、ネクソンとの一部業務統合や開発とパブリッシュ機能の役割分担を進めてまいりました。

 

今後はgloopsの開発タイトルを含めて、合計10タイトルの年内リリースに向けて、ネクソン・gloopsともにまい進して参ります!

NEXON「Design Award 2018 1st」が開催されました!

3月14日(水)のおやつの時間・・ネクソン社内の多目的スペース「ハングアウト」はシックな照明と素敵な音楽に包まれました。

f:id:corporateblog:20180315180506j:plain

そう、NEXON「Design Award 2018 1st」が開催されたのです!

 

f:id:corporateblog:20180315180645j:plain

本イベントは、社内の制作部が手掛けた作品のなかから選ばれたノミネート作品に対して、制作部メンバーが事前に投票し、各カテゴリーにおける最優秀作品を決定する、というイベントです。

 

ちなみにネクソンの制作部が手掛けるものは幅広く・・・ゲームタイトルのサイトデザインからアップデートの際のスペシャルページやキャラクターのアバター・スキン、さらにはオフイベやCSRの会場装飾に至るまで、さまざまな機会を通じてネクソンのゲームの魅力をプレイヤーの皆さまによりお伝えできるよう取り組んでいるのです!(筆者も大変頼りにさせてもらっています・・!)

 

時間をかけてノミネート作品と、それに込められた想いを共有する一方で、選考会にはグループ会社であるgloopsのデザイナーにも参加してもらい、多様な視点での審査が行われました。

「顧客目線」をテーマに、どのような作品がノミネートされ、受賞となるのか!!!

部門はこちらの2つ!

 f:id:corporateblog:20180315181216j:plain

  • WEB DESIGN 部門(ノミネート12作品)

(対象:公式ウェブサイト、アップデートやイベントの特設サイト、そしてオフラインイベントの会場装飾(DTP関連)など)

f:id:corporateblog:20180315181613j:plain

  • PRODUCT DESIGN 部門 (ノミネート6作品)

(対象:社内イベントの会場装飾、アップデートの際の新アバター・スキン、ユーザーインターフェースなど)

 

ノミネート作品それぞれ、実際に各担当からこだわったポイント等が紹介されます。

全部紹介しきれないのが無念ですが、少しいくつかノミネート作品をご紹介します!

 

f:id:corporateblog:20180315181929j:plain

「夏のさわやかさ」や「楽しさが伝わるように」とデザインされた『テイルズウィーバー』のアップデートページ。

ドットを使ったり、フラットにしたり、80年代っぽく仕上げたとのこと。かわい~❤

 実際のサイトはこちら→テイルズウィーバー 2017夏のアップデート

 

f:id:corporateblog:20180315183150j:plain

『アラド戦記』「黒い聖女」のムービーに使われていた雨や雷のエフェクトを、サイトでも表現。

女プリーストの奥深さとかっこよさが伝わりますね~!

実際のサイトはこちら→ Season5 Act4 黒い聖女 | アラド戦記 - 公式サイト
 

f:id:corporateblog:20180316122325j:plain

2017年12月に『マビノギ英雄伝』に登場した新キャラクター、「ミリ」 。

実は、日本の好みをより反映した日本仕様にアレンジしているのです。

動く「ミリ」はこちら→

【マビノギ英雄伝】新キャラ「MIRI」プロモーション動画 - YouTube

 

f:id:corporateblog:20180316170503j:plain

夏休みの『1日社員体験』イベントで子供たちをお迎えした、オフィスの装飾も制作部のお仕事。ネクソンゲームの色々なキャラクターが登場しつつも、統一感があるように心がけたそう。

 夏休み、子供たちがYouTuberになってみた1日社員体験ブログはこちら→
「2017年夏休みネクソン1日社員体験」を開催!ゲーム実況動画を作ったよ! - ネクソン公式ブログ

 

制作部内でも、普段はそれぞれ担当が異なり、個人のスキルを駆使しながら表現・制作していくことが多いので、それぞれの完成作品はもちろん、制作過程の想いやエピソードを共有できる機会は少ないとのこと。

そんななかで、改めて担当者自らが作品に対しての想いをプレゼンし、メンバーもそれを聞くことでいろんな気づきのきっかけとなる・・。

そんな場が、デザインアワードなのです!!!

 

作品に込められた細やかな気配りや、苦労したポイントなどを聞いていると、素人の筆者でもデザインが持つ深さというものを少し感じることができた気がします。

 

そ、そしてとうとう結果発表!!!!どきどき!!!!

 

デュルデュルデュルデュル・・・(ドラムロール)

 

 

NEXON BEST WEB DESIGN

【メイプルストーリー ポプテピピックタイアップ】

 

NEXON BEST PRODUCT DESIGN

【メイプルストーリー ポプテピピックタイアップ】

 

なななななんと!!!両カテゴリーでポプテピピックタイアップが受賞しましたあああああああ!

 

し、しかしこのタイアップが実施されたのは2017年9月・・すでに終了しているためページをみなさまにご案内できない!ガッデム!

よって、ファミ通さんの記事で超優良タイアップの様子をご覧ください~!!

https://www.famitsu.com/news/201709/14141627.html

 

 

そして投票時に受賞作品にはそれぞれこのようなコメントが寄せられていました!

 

「サイトを見ると一目で変な(おもしろい)ことが起きていることがわかる」

「ギュルギュルルーレットがとにかく飽きずに楽しめる」

「いい意味でメイプルストーリー感をなくしたことでインパクトが強くなっている」

「ドット絵なのにすごく忠実にオリジナルのツボを押さえている」

「細かいところまで原作ファンの好みに仕上がっていると思う」

※特設ページでルーレットに挑戦し、結果に応じてゲーム内アイテムがプレゼントされた企画。

 

もともとのポプテピピックのIP力が強いということはもちろんですが、そのIPが強い分、コラボとなったときにどのようにメイプルストーリーの世界に登場させるか、そしてコラボ自体の魅力をどう伝えるか、というのは非常に深い課題だということを、筆者も気づかされました。

 

受賞者のみなさん本当におめでとうございます!!!

 

f:id:corporateblog:20180316171602j:plain

 

最後に主催の制作部部長の岡田にも総括コメントももらいました!

 

f:id:corporateblog:20180316171909j:plain

今回無事に3回目を実施・終了することができて大変うれしいです。

デザイナー自身がデザインの意図を自ら説明し、共有することは、新しい視点を持つにあたって大変いい機会になると思っています。

このような「場」を設けることで、個々・そしてチーム全体のデザイン、ひいては今回のアワード・そして通常の業務でもテーマである「顧客視点」のさらなる進化につながることを期待しています。

 

そしてこのような取り組みは継続が大事だと思っているので、今後もメンバーの負担にならないように配慮しながら力強く開催し続けていきたいです。次回は2018年上期の作品を対象とした2ndを予定しています!

 

イベントの運営から作品に携わられた制作部のみなさま、ほんとうにお疲れ様でした!そしてありがとうございました!!

 

f:id:corporateblog:20180316172524j:plain

 

 

 

名作ゲームリレー!★Vol.10 運用部 だ~ほそさん

 

皆さん、こんにちは!

さて、今回もお待ちかねの(?)「名作ゲームリレー!」のお時間がやってまいりました~!!

前の制作部のシホスさんからのメイプルキノコパスを受け取ったのは・・

f:id:corporateblog:20180221120720p:plain

運用部のだ~ほそさんです!!
だ~ほそさんよろしくっぷる~!!!

------------------------------------------------------
さてさて、実はだ~ほそさんは前々からこの「名作ゲームリレー!」にご登場されたいとの情報を自ら流布されていたということで(笑)取材班としても前々からターゲットとしてロックオンしていたのですが・・。いよいよその時を迎えたご感想を聞かせてください。

実は・・前から出てみたいな~と思っていたことは事実なんですが・・。僕、人にそれを言った覚えが全くないんですよね。

えっ・・なんだかすみません・・(笑)・・社内の噂ネットワーク恐るべし。でも、このブログと連載は前からご覧になっていただいていたのですね♪ありがとうございます(感激)!(ちなみにだ~ほそさんは以前、素性を隠した(?)ToSマスクマンとしてネクソンブログに登場しているのです。気になるあなたはコチラから)

f:id:corporateblog:20180221123558p:plain

見てますよ~!名作ゲームのタイトルも前からいろいろ考えていたのですが・・やっぱり出演の依頼をいただいたときに改めて考えて、このタイトルしかないと思いました。

ムムッ!そ、そしてそのタイトルとは・・?

『テイルズウィーバー』です!

無料オンラインゲーム テイルズウィーバー公式サイト

f:id:corporateblog:20180221160602j:plain

オオオオオオなんと、ネクソンのご長寿タイトル!ち、ちなみにネクソンブログだということで気を使われたりしていないですよね・・?

もちろん本心からです!!ネクソン入社前からプレイしていましたし、これまでの人生におけるプレイ時間は合計5,000時間以上だと確信しています!

 

が、ガチですね!だ~ほそさんが『テイルズウィーバー』にそこまでハマった理由とはなんだったのでしょうか?

人生で初めてMMORPG(※)というものをプレイしたのがこのタイトルだったんです。それまでも、世に出ていたコンソールはほとんど買っていたほど色々なジャンルのゲームを遊んでいたのですが、このタイトルの素晴らしさはなんといってもストーリーがしっかりしていたこと。キャラクターごとの設定やストーリーがすごく丁寧につくりこまれていて、どのキャラクターもやりこんでました。ティチエルという女性キャラもすごいいい味だしてましたし・・ルシアンという男性キャラに至っては、「僕。。。おしっこ・・・。」という名(迷)言もありますね(笑)

※ちなみにMMORPGとは(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game、マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)の略であり、「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」のことだっぷる!

 

f:id:corporateblog:20180222140843j:plain

左:ルシアン 右:ティチエル

笑!そのような個性豊かなキャラはもちろんですが、やはりMMORPGということで、他のユーザーの方々と一緒にプレイすることも楽しかったのでは?

まさに、時間を忘れてプレイできた理由は、そこがとても大きいと思います。高校の時からはじめて・・・大学入学といった人生の節目のタイミングこそ、少しログインしない期間もありましたが、またすぐ戻りました。今思い返すと、当時はLINEとかTwitterとか、いまでは当たり前の便利なSNSがなかった時代だったから、本当に仲間と会話をするためにログインしていたときもありました。

f:id:corporateblog:20180221124134p:plain


なるほど~本当に生活の一部になっていたのですね。でも累計5000時間というプレイ時間を想像するに、平日週末ともに、もはや生活を犠牲にしてプレイしていたのでは・・?

そうですね・・土日で40時間以上プレイしていました(笑)ごはんも食べなかったですね・・土日2日間で食事は、日曜日の外食1食だけってときもありました。

f:id:corporateblog:20180221125711p:plain


えっ!せ、せめてコンビニで何か買ってくるとか、出前を頼むとかはしなかったのです

か?!

実は、基本的に家でゴミだしたくない性分なんですよね・・だから、家では絶対に食べないです。さらにプレイしているとやっぱり夢中であまり気にならなかったですね。

f:id:corporateblog:20180221124921p:plain


な、なんと!!精神が肉体を凌駕している・・・。そこまでやりこまれた『テイルズウィーバー』、だ~ほそさんがいまネクソンにいらっしゃるのも、やはり少なからずこのタイトルの影響が?

そうですね、ネクソンを知ったのもこの『テイルズウィーバー』からでした。もともと、前職はIT関係の仕事をしていたんですが、ずっとゲームが好きだったし、いつかはゲーム会社で働きたいとは思っていたんです。そんなときに、ネクソンの募集が出たことを知って、応募した結果、いま働いています。
前職の同僚も「やりたいことができるチャンスが来たので、チャレンジします!」と伝えたら、応援してくれて。いまでも趣味の野球でよく会ったりしていて、ゲーム会社で働くという夢をかなえたことを喜んでくれています。

f:id:corporateblog:20180221123845p:plain


とても素敵ですね~!( *´艸`) ネクソン入社してから現在までのお話もお伺いしたいのですが、『テイルズウィーバー』に関わるお仕事はこれまでありましたか?

入社してからすぐは、別のタイトルの運営チームの配属になっていたのですが、ほどなくして『テイルズウィーバー』の担当になったんです!あのときは純粋に嬉しかったですね~。当時はイベントの企画とか、キャラクターのステータス設定とかを担当して、ユーザーの方々からのフィードバックをもとに、いろいろ考えていました。やはりもともとプレイしていたので、ユーザーさんが喜んでくれたときは自分も嬉しかったし、逆にご意見をいただくときは、自分がその立場になればそうだよな・・という気持ちでどう改善できるか考えていました。


元プレイヤーだからこそ、ユーザーの方と同じ目線で考えられていたのでしょうね。でも、自分が好きなことが仕事になってしまうと、純粋に楽しめなくなったりして、つらくなったりしませんか・・?

幸いなことに、いまでもずっと楽しいです!今は『ツリーオブセイヴァー』のチームに所属しているのですが、もちろんタイトルには並々ならぬ愛着がありますし、いまの仕事に関われていることはとても嬉しいです。他社さんのタイトルをプレイするときに、仕事目線でいろいろ気づくことがありますが、それも苦ではなく、おもしろいな、と思って学んでいます。


素晴らしい・・!だ~ほそさんのゲームへの愛の深さを感じます。そんなだ~ほそさんにとって、「ゲーム」ってなんでしょうか?

ゲームは自分にとって生活の一部ですし、ゲームで知り合った方々も本当にたくさんいます。そのような絆を大切にしつつ、これからもゲームを通じていろんな絆を深めていきたいです。そして、自分が経験したり感動した出来事を、ユーザーさんに感じてもらえるように運営していきたいですね。

f:id:corporateblog:20180221154921j:plain

だ~ほそさんの穏やかさとゲームへの深い愛を感じ筆者もパワーをいただいた取材でした、ありがとうございました!

さてさて、次なるターゲットは誰になるのでしょうか?!
ぜひぜひお楽しみに!

f:id:corporateblog:20180221121318j:plain

 

2月16日(金)に開催されたグローバル人材転職フェアに参加いたしました!

こんにちは!

少しずつ日は長くなっていますが、まだまだ寒い日が続きますね。

皆さまもお体をご自愛ください!

 

さて、2017年の訪日外国人客の総計が2,900万人に迫るなど、近年、日本に訪れる外国人が加速度的に増えています。 

JINTO(日本政府観光局)国籍/月別 訪日外客数(2003年~2017年)

 

f:id:corporateblog:20180220105107j:plain

 

同様に日本で就業を希望される外国人の方も増えてきていて、グローバル企業であるネクソンの人材開発チームは、そのような方々も含め、グローバル人材とのご縁を見つけるために、2月16日(金)に、ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社主催のグローバル人材転職フェアに参加いたしました!

 

f:id:corporateblog:20180220105127j:plain

 ブース準備中の風景

 

f:id:corporateblog:20180220105113j:plain

社長オーウェン・マホニーの動画

 

f:id:corporateblog:20180220105117j:plain

開場直後の様子


たくさんの皆さまにご来訪いただき、お陰様でブースでの対応人数は50人越え!!


もともとネクソンに興味を持ってくださっていた方から、どんな企業かわからずご着席くださった方まで、会社についてのご説明をたくさんさせていただいた1日でした。


直接ご質問いただくことで、ホームページや会社案内だけでは知ることができない情報もお話しさせていただきました。

 

f:id:corporateblog:20180220105120j:plain


ネクソンのこともそうですが、候補者の方々のことも書類上だけではなくその場で知ることができ、お互いにとって有意義な場だったのではないかと感じております。


そしてこのイベントでは、他にもグローバル企業がたくさん出展されていました。外国人スタッフの方が対応されている企業もたくさんあり、とても刺激を受ける会場でした!


実際すでに、応募のご意向をいただいたり、こちらからご連絡させていただいている方もいらっしゃったりします。このイベントを通じて多くの方にお会いすることができ、とても感謝しています!

 

f:id:corporateblog:20180220105125j:plain

面談の様子 

 

今後もこのような機会がありましたら、積極的に参加をしていきたいと思います。

 

今回フェアへのご来場を逃された求職者の方も、ぜひご連絡お待ちしております!!

 

recruit.nexon.co.jp

 

LinkedIn採用ページ

https://www.linkedin.com/company/9301149/admin/jobs/

 

引き続きネクソンをよろしくお願いいたします。

 

 

2017年度第4四半期、通期の決算説明会が開催されました!

ここ数日は少し寒さが和らいでいますね。

 

しかし、春までにはもうひと寒波来そうな気がします。

 

さて、2月8日、ネクソンでは、2017年度第4四半期(2017年10月1日~12月31日)及び通期の決算説明会を実施致しました。

 

f:id:corporateblog:20180209162503j:plainf:id:corporateblog:20180209162527j:plain

 

決算説明会の模様はインターネットのライブ中継でも配信されました。決算説明会の内容については、IRサイト(https://ir.nexon.co.jp/)でもご覧いただけます!

 

f:id:corporateblog:20180209161503j:plain

 

 ロビーには、5つのパネルを展示していました!

10年以上プレイヤーの皆様に愛されている 『アラド戦記』『メイプルストーリー』、韓国における配信開始を皮切りにグローバル展開を予定している『Durango: Wild Lands』、韓国モバイルゲーム事業の売上成長を牽引し日本配信を予定している『OVERHIT』 、2017年Q4にグループ会社化したPixelBerryの代表作『Choices: Stories You Play』と、ネクソンの好調な業績を牽引した人気タイトルや注目の期待作がずらり!!

 

また、ネクソンの人気ゲームタイトルのゲームプレイ動画をモニターでも展示しました!

 

f:id:corporateblog:20180209160732j:plain

               

 

いよいよ決算説明会がスタートです!

 

代表取締役社長のマホニー、続いて代表取締役CFOの植村がそれぞれ登場し、好調だった2017年度第4四半期、通期の決算について説明を行いました。

 

f:id:corporateblog:20180213120938j:plain

 

その後質疑応答に移り、ご参加いただいたアナリスト・投資家等の方々からは、「中長期的な観点でのAI等の新領域への可能性」や、「『アラド戦記』の長期成長のビジネスモデルを他のゲームでも実現する方法」等の質問をいただきました!

 

 

 

 

なお、当日の資料については、ネクソンのIRウェブサイトにて公開しております。

http://ir.nexon.co.jp/

 

ぜひこちらもご覧ください!

 f:id:corporateblog:20180209162511j:plain

 

2018年度も、皆様に長期間にわたり楽しんでいただけるようなゲームをお届けして参ります!

 

新作タイトルも続々と配信予定ですので、ぜひご期待ください♪

 

『Tree of Savior』、『アラド戦記』、『マビノギ』の計3作品がWebMoney Award 2017にて入賞!!!みなさま投票ありがとうございました!

昨日から今日にかけて、東京ではみぞれ交じりの雪がちらついております。

ケガのないよう、お足元にはお気をつけ下さい!

 

さて、少し前の話になりますが、12月末に発表されたWebMoney Award 2017にて、ネクソンのPCオンラインゲーム『Tree of Savior』『アラド戦記』『マビノギ』の計3作品が、それぞれ以下の賞を受賞しました!

 

【BEST GAMES】Tree of Savior

f:id:corporateblog:20170119143016j:plain

 

 【BEST GAMES】アラド戦記

f:id:corporateblog:20170126170044j:plain

 

 【BEST GAMES】マビノギ

f:id:corporateblog:20180202190424j:plain

 

WebMoney Awardとは・・・?
 WebMoney Awardはファン投票によって「その年に一番楽しかったオンラインゲーム」を選出するイベントです。ウェブマネー社主催で行っており、2006年の第1回から毎年開催しています。最も多くの投票数を獲得したタイトルを「GRAND PRIX」として、その年にサービスを開始したタイトルの中で最も多くの投票数を獲得したタイトルを「BEST ROOKIE」(Rookie of the year)として、それぞれ表彰しています。

※公式サイトより引用:

https://www.webmoney.jp/award2017/

 

総数65,839が集まっWebMoney Award 2017ですが、昨年に引き続き、ネクソンから3作品も受賞することができ、本当に嬉しいです!

 

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございました!!

 

せっかくなので、「投票ユーザーの声」をいくつかご紹介します!

 

【Tree of Savior】

 

オンラインゲームをちゃんとプレイした初めての作品です。
操作も簡単で親しみやすいキャラなど初プレイでも直観的にプレイ出来ました。
運営の方々のプレイヤーを楽しませようとしてる姿勢も評価できます。
長くプレイ出来たらいいと思います。

                     【40代男性】好きな所:運営・イベント

 

絵本のようなグラフィックがとても素敵です。
また、たくさんの方がまったり遊んでいて初心者でも遊びやすいと思います。
このゲームがきっかけで沢山の人と出会い、恋人もでき、今も楽しく二人で遊んでいます(*´ω`*)
このゲームが続くように応援してます。

                     【10代女性】好きな所:グラフィック

 

【アラド戦記】

やり始めたのが2006年10月。
あれからもう11年。
最近アラドも自分も歳とったなーって思います。
アラド20周年くらいまでは一緒に歳をとりたいな。

                      【20代男性】好きな所:コミュニティ

 

アラド戦記をプレイして早10年が経つ。常にアップデートを行っており新しいダンジョンやアイテム、イベントダンジョンもあり常にやることがある。作成できるキャラクター、さらに転職キャラも多いことが、プレイヤーを飽きさせないポイントだと思う。

                        【30代女性】好きな所:システム

 

【マビノギ】

爽快感やハラハラ感を求めて他のゲームをする事もありますが、結局このゲームに戻ってきちゃいます。ほのぼのRPGと言うだけあって家の様な安心感があります。マビノギという帰る場所があるから他の危険なゲーム(冒険的な意味で)にも手を出すことが出来ます。これからも応援し続けます!

                     【20代男性】好きな所:運営・イベント

 

10年以上プレイしていますが全く飽きが来ないゲームです。
4~5月にはリアルイベントがあり、夏や冬に大型アップデートや
アニメ等のコラボイベント、そして毎週のように始まるゲーム内イベントで
楽しませてくれます。不具合もたまにあるけれど補填はしっかりしています。

                        【30代女性】好きな所:サウンド

 

 

これだけでひと冬越せそうなくらい暖かいコメント、本当にほんとうにありがとうございます!!!!

 

思わずティーティーです。ティーティーダンスです(T - T)

 

その他のコメントやゲームごとの「ここが好き!ポイント」に関しては、下記、WebMoney Award 2017の公式サイトをご覧ください。

https://www.webmoney.jp/award2017/

 

引き続き、皆さんと長いお付き合いができるゲームを提供できるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いします!

 

<各ゲーム公式ウェブサイトURL>

Tree of Savior:http://tos.nexon.co.jp/

アラド戦記:http://arad.nexon.co.jp/

マビノギ: http://mabinogi.nexon.co.jp/

【受賞】トップパブリッシャーアワード「2017年 世界収益ランキング」に28位でランクイン!

今年の冬は寒いですね。

 

東京では一週間前の雪がまだ路面に残っております。

 

さて、昨日、アプリ市場データを提供するApp Annie社が主催するトップパブリッシャーアワードが発表され、な、なんと!ネクソンは、一昨年、昨年に引き続き「2017年 世界収益ランキング」にランクインしました!!!

 

f:id:corporateblog:20180130112155p:plain

 

トップパブリッシャーアワードとは、年間を通してアプリ市場の成長に大きく貢献した

アプリ提供企業に対してApp Annie社から贈られる賞で、「App Annie Intelligence」で提供されている収益、ダウンロード、MAUといった指標に基づいて受賞企業が決定されています。

 

今回ネクソンがランクインした「2017年世界収益ランキング」は、2017年の全世界におけるiOSとGoogle Playのアプリ合計収益のトップ52社のランキングとなり、ネクソンは昨年の30位から順位を上げて28位!にランクインしています!

 

f:id:corporateblog:20180130111400j:plain

f:id:corporateblog:20180130111622j:plain

f:id:corporateblog:20180130111330j:plain

 

恵比寿のウェスティンホテル東京で開催された受賞式では、ネクソンのモバイル事業本部 本部長の、金 起漢(キム・キハン)が登壇し、ご挨拶させていただき、今回の受賞の感想と今後の展望について語りました♪

 

f:id:corporateblog:20180130111339j:plain

 

========

 

「昨年に引き続き、このような賞をいただき、大変光栄に思います。

 

今年も新作を準備していますので、皆さまに楽しんでいただけるゲームを目指して、より良いサービスを提供していきます。」

 

 ========

 

f:id:corporateblog:20180130111350j:plain

 

来年も同賞をいただけるよう、新作の開発に引き続き精進してまいります!

皆様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<App Annieとは>
App Annie (アップアニー) は、アプリビジネスに役立つアプリ市場データと分析を
提供する世界No.1の情報プラットフォームです。アプリ市場の情勢、自社アプリの
競合優位性をより深く把握するため、100万を超えるユーザーに利用されています。
現在までに1億5,700万米ドルの資金調達を実施しました。

 

<ランキング詳細>(App Annieブログ)

App Annie、2017年 世界収益ランキング トップ52社を発表

URL:

static-t.aa-cdn.net

名作ゲームリレー!★Vol.9 制作部 プロモーションデザインチーム シホスさん

皆さん、明けましておめでとうございます!

 本年も、ネクソン、そしてネクソンブログを、どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

さて、年明け第一弾となる今回は。こっそり楽しみにしていただいているという噂も聞く、本ブログの名物(?)企画

「名作ゲームリレー!」です!

 

前回華麗に 空に投げ出 トスされたメイプルキノコは・・・

 

ビュンッッッッッッッッッッ・・・

f:id:corporateblog:20171220122516j:plain

(ギャアアアアアア・・・・・激しすぎっぷる・・・!!!!!っっ)

※byメイプルキノコ

 

ボスンッッ!!!!!!

 

f:id:corporateblog:20171220123207j:plain

制作部プロモーションデザインチームのシホスさんが受けとめてくれた!!(ありがとうッぷる!!)

 

それでは早速インタビュースタート!!

 

------------------------------------------------------

シホスさん、よろしくお願いします!早速ですが、今回はどんな名作ゲームを・・?

そうですね・・印象に残っているゲームは他にもいろいろありすぎて悩ましかったのですが・・

『マリオペイント』です!!

 

f:id:corporateblog:20171221125249j:plain

おおお!『マリオペイント』といえば筆者も幼少期、ハエをひたすら叩いていたような記憶がありますが(笑)

そうですね、本当にいろいろなことができるゲームでした。

まだパソコンが普及する前の時代に、ソフトに加えてマウスとマウスパッドがついていて、とにかく画期的だったと思います。

自分がお絵かきをしたものが、テレビ画面で実際に動かせたり、あとは「サウンドコラージュ」といって、音を表すアイコンを五線譜に配置することで作曲ができたり・・

とにかく楽しくて、マウスがボロボロになるまで遊びつくしました。たまに動かなくなったりすると、マウスのなかのボール取り出して水洗いして(笑)なんとか復活させたり・・。

 

当時シホスさん小学生ながら、やりこまれてますね・・!そこまで夢中になった理由はなんだったのでしょうか?

もともと、小さなころからお絵かきや工作、手芸などが大好きで。

「何かつくることが楽しい」

という気持ちが強かったんです。だから、その楽しく作った作品を親や兄弟、友だちにみてもらって笑顔になってくれることもすごくうれしかった。

例えばマリオペイントでの作曲は、オナラみたいな面白い音とか、ヨッシーの声なんかで作曲もできて、その音のアイコンの上をマリオが飛んで演奏するんです。

クリスマスソングをオナラ音で再現して(笑)友だちを笑わせたりして、楽しかったですね。

 f:id:corporateblog:20171221125342j:plain

なるほど~マリオペイントがシホスさんの「つくることの楽しさ」への想いをさらに強いものにしてくれたのですね。ちなみに、マリオペイントはそこそこ高価だったイメージもあるのですが(笑)、プレゼントでご両親におねだり♡などされたのでしょうか?

そうですね、最初の出会いは友だちの家に行って遊ばせてもらった時で、

「こんなおもしろいゲームがあるのか!!」

と思って、両親に買ってほしいとお願いしました。当時1万円ぐらいしたので、今振り返ると買ってくれてありがとう!と思います(笑)

 

ご両親はゲームに対してはポジティブな考えを?

実は父親が結構ゲームが好きで、ファミコンは父が買ってきたものを、自然と子どもも遊んでいた、という感じでした。

あとは、いとこのお兄さんが、自分がクリアしたソフトを定期的にくれたんです。例えば、今回のマリオペイントと迷った名作タイトルの

『スウィートホーム』(ファミコン版)もそのお兄ちゃんがくれたものかと。なかなか大人でホラーなゲームでした(笑)。

 あとは『サラダの国のトマト姫』(ファミコン版)とか、『ドラゴンクエスト4 導かれしものたち』(ファミコン版)とかも思い出深いですね・・・いずれも、とにかくシナリオがしっかりしていて、今振り返っても素晴らしいなと思います。

 

ほー!ゲーム歴はかなり深く、長いですね!

そうなんです、ただ一時、ゲームから意図的に離れた時代がありました・・(笑)

 f:id:corporateblog:20171221125503j:plain

えっ・・何があったんですか??

「何かをつくることが楽しい」という気持ちに従い、大学は美術系に通っていたんです。そのころって、まだ現在ほどゲームとか、オタク的な趣味がポジティブに認知されていた時代ではなかったので(笑)・・あとは、その時は美術系の学生らしく!アカデミックな展覧会にいったりすることに時間を費やしながら、デッサンなどの美術の基礎からデザインまで幅広く学んでいました。

 

なるほど・・!でも離れた期間を経てもいまのようなゲーム熱を持ち続けていた?

もちろん!表に積極的に出さなかっただけで、ゲームはずっと好きでした。そして、大学時代や、パッケージデザインのお仕事をしていたときに、改めて『マリオペイント』のすごさを実感したんです。

 

大人になってから改めて『マリオペイント』がシホスさんに影響を?!

前は自分が好きなものをつくって表現する、ということが純粋に楽しかったんですが、学校の課題や仕事では、「そのものがもつ価値をデザインを通じて伝える」というミッションがありますよね。

そのときに大事なことは、

「だれに」「なにを」伝えたいのかをきちんと考え抜くこと

そこで、改めて『マリオペイント』ってすごい!!!って思ったんです。思い返せば、中学生の時にパソコンの授業で初めて触ったWindowsは、同じ「ペイント」ではあるけど、多機能すぎて操作が難しかった(笑)。

『マリオペイント』って、シンプルで子どもでも楽しめるように機能をあえて制限して、キャラクターや音も使って親しみやすくしてる。すごくユーザーのことを考え抜いた商品だったなってあらためて思ったんです。

 

f:id:corporateblog:20171221125857j:plain

なるほど・・お話を聞いていると筆者も『マリオペイント』に感動しか覚えなくなってきました・・!

「けずること」って、実は本当に難しいことだと思います。

自分がすでに機能を使いこなしている状態だと、世に出す商品にもできる限りの機能を入れたくなりますよね。でも、そこでユーザー側に立って、あえてシンプルにできるって、本当のプロフェッショナルだなって。

 

普段のお仕事でも、やはりそういった部分を意識されていますか?

そうですね。私の仕事はNEXONのゲームタイトル内のUI(ユーザーインターフェース)のデザインから、社内外のイベントでの会場演出など、多岐にわたりますが、どの仕事においてもユーザー視点はすごく大切にしています

例えば “これはユーザーにも絶対カッコよく聞こえる!” ような言葉にたどり着いても、それでゴールではない。どのツールに入れるのかによって「わかりやすさ」とのバランスも大事なんです。

よく「テプラを貼られたらデザイナーの負け」(※)と言いますが、本当にそうですね。

「優れたデザインとは、一見して感覚的に使い方が判るものであり、テプラ等で補足しないと使い方がわからないものはデザインとして劣っている」という意味。(はてなキーワードより)

 

(ちょっと横から失礼っぷる・・・!)

f:id:corporateblog:20171221130217j:plain

(いきなりですが、ここはみなさまにもシホスさんの作品をほんの一部だがみていただきたいっぷる・・) 

 (これは社外イベントのときのブースぷる!沢山の方が遊びに来てくれたぷる!)

f:id:corporateblog:20171221104822j:plain

 

(こちらはリニューアルした “NEXON×gloopsウォーター” のデザインぷる!水の透明感が活かされている素敵なデザインなのだぷる!)

f:id:corporateblog:20171221104601j:plain

(社員向けカレンダーは日々みんなを癒してるぷる!)

f:id:corporateblog:20171221104627j:plain

 

 す、すばらしい

・・・(´;ω;`)! 

 

ちなみに、お仕事をされながら、ご家庭では3歳半のお子さまのお母さんでもあるシホスさん。お忙しくてゲームをする時間もなかなかとれないのでは?

そうですね~!でもなるべく、隙間時間を使って楽しむようにしています。先日ドラクエを少しやっていたら、横で見ていた子どもが「あそこに宝箱があるよ!」とか、「その敵はかわいいから倒さないで!」とか言ってくれるんです(笑)

将来的には、一緒にゲームできたらいいなって思います!

あとはツムツムなんかも好きみたい。あれも、シンプルながら大人から子どもまで楽しんでハマれる、考えられたゲームだな、と思いますね。

 

おお・・なんだか日常の何気ないシーンでも、シホスさんのプロ視点が感じられます。そんなシホスさんにとって、あらためて『マリオペイント』とはなんでしょうか?!

(ア〇ザースカイ風)

そうですね・・やっぱり「遊びって深いな」と気づかせてくれたゲームです!!!

 f:id:corporateblog:20171221130756j:plain

 

------------------------------------------------------

沢山の素敵なお話をシェアしていただいてありがとうございました! 

 さてさて、次なるターゲットは誰になるのでしょうか?!

 

f:id:corporateblog:20171221143019j:plain

 今年も、これからの更新をぜひぜひお楽しみに!!!